What a week!

Hi, Masaです。

いや-、本当に、What a weekって感じです笑

さっそく使ってみました。Netflixのドナルド・トランプのドキュメンタリーの中で、オバマ元大統領がスピーチの最初にそのバタバタの週を振り返り、思わず「大変だったよ」という意味で発した言葉です。

 

今週は不調な週でした(^_^;)

ひとつは感じ悪い職場のオージーに暴言吐かれたこと(言い返しましたけど笑)

もうひとつは車が不調なことです。

 

まず今週、仕事中に職場のオージーから説明受けているときに、私が聞き取れなかったんですね。彼はたしか63歳で年配、英語もなんというか、かなりクセ強く、個人的には彼のが一番聞き取り辛く(^_^;)理解したかったので聞き返すと、首振って「F**king idiot!」と言うので(たぶんそれも聞き取れないと思って言ったんだと思います)、

「Hey! Did you say “F**king idiot” to me? Was that because my English is not good? Ah!? I never thought that you say such a rude word to a foreigner who is working seriously!」

って大声で言ったら黙りました笑

英語圏では感情的に起こるのは良くないらしいですが、ここは、こういう反論もするJapaneseだというのを示しておいた方がいいのかなと感じて言いました。こんな低レベルなことしたくないんですけど(^_^;)

有り難いことに優しそうとか穏やかそうとか言ってもらえることが多いんですけど、稀にこういう「何言っても怒らなそう」と捉える困った方と出会ったときにめんどくさいです。残念ながらそういう失礼な方に対してだけは一変しますが。

 

結果良かったのか、次の日から何も言わないのに色々教えてくれるようになりました笑 

他の新人のフランス人たちが、まだ仕事の流れ分かっていなくてスムーズじゃないのを見ても同じことブツブツ言っていたので、まあそういう人なんでしょう。不思議な人ですね(^_^;)

 

もうひとつは、まだ解決していないんですが車が不調です(^_^;)

金曜日、スーパーへ行って駐車場を走っていたら車の前方がカタカタ震えだし、エンストしました。どうやら低速でエンジンの回転数が下がっていると駄目なようで。 

キーをまわしてエンジンをかけようとするとキュキュキュ・・・と不安定で、アクセルを踏んでなんとかエンジンをかけました。ただまた速度が落ちると止まり、結果その駐車場内で2回エンストし、帰る道中にも幹線道路の信号待ちでエンストし、途中右折するのに車が過ぎるのを待つ間にエンストし・・・汗

 

なんとか家に着き、定位置に止まるのに最後のブレーキを踏んだあたりでエンストして止まるという状態(^_^;)2003年製のスバル、フォレスター。やっぱり日本車とはいえ、古い車は色々ありますね・・・

 

なのでその日の仕事は自分の車で行くには危険なので、職場の人に迎えに来てもらいました。職場の人たちに話すと、車好きで詳しい人たちが何人かいて、土曜に家に来て見てくれると言ってくれ、一安心。

 

ただ結論から言うと、土曜も日曜もなんやかんやで家に来ず、月曜日の午前中に来てくれることになりました。笑

これがオージーなのかな・・・不安だ(^_^;)

 

まあ彼も仕事でやってるわけでもなく趣味だし、あくまで善意で言ってくれているだけなので、もし彼が厳しそうなら、平日に修理店に電話して予約を取って、契約している日本のJAFのようなサービスを使ってレッカーで運び修理してもらうしかないかなと思っています。こちらは不便なことに、土日は車屋さんはすべてお休みなんですね、そして、常に予約取れるのは1~2週間先が当たり前(笑)

 

それまで、最悪職場の人に送り迎えをお願いするしかないし、食料品なども誰かに頼るしかないのが辛いですよね(^_^;)

 

交通機関もないし、不便だ・・・しかし、田舎でやっていくというのはこういうことだよなと改めて感じます(^_^;)

 

テンションの下がる週となりましたが、早く修理の目途がたってほしいです笑

 

それではまた!

日本式BBQを堪能してきました♪

こんにちは、Masaです。

冬にもかかわらず晴れの日が多いオーストラリアですが、先週は珍しくずっと曇り、雨が続いており、初めて外で洗濯物を干さず家の乾燥機を使わせてもらいました。まあ、すっかり乾いていて気持ち良く、そして何より楽なこと笑

 

今週は晴れてほしいですね。

今住んでいる部屋ですが、どんなに晴れていても日差しが入ってこなくて寒いんですよね・・・。確認してみると南向きでした。それなら良いやんと一瞬思いつつも、もしやと思い調べてみると、日本では東→南→西と動きますが、オーストラリアでは太陽は東→北→西と動くようです。そうか、南半球ということは日本と逆なんですね(^_^;)どうりで・・・日本だと北向きの部屋に住んでいることになります笑

方角は大事ですね、寒いわけだわ(^_^;)

さて、昨日日曜日は、会社で知り合い仲良くなった日本人の人に誘われ、彼女の家でBBQしてきました(^^)

オーストラリア人の彼氏さんと二人暮らしで、彼女さんは私と同じファクトリーで勤務、彼氏さんは近くのビーチエリアのIT企業に勤めています。こういうオーストラリア人と日本人カップルと仲良くなってゆっくり話した事ってなかったんですが、今回経験できて良かったです。

BBQは日本スタイルで、肉やネギを串に刺して焼いたり、焼きおにぎり、あと醤油だれで漬け込んだお肉を焼いたりと、日本らしい、どちらかというと屋外焼き肉スタイルでご馳走になり、とても満たされました(^^)炭火で焼いた肉は絶品でした。

彼氏さんも割と日本食好きらしいのですが、味噌汁、小豆、あと魚介だし系は苦手らしいです笑

彼女さんと私だけの時は日本語、三人で話す時は英語で会話していました。最初切り替えが違和感あって、彼氏さんが外に準備しに行った時などしばらくはお互い日本人同士英語で話していたのに、途中からまあいいやって感じで日本語に替わったのは面白かったです笑

彼女さんの方が私より英語できて、たまに彼氏さんの分からない言葉を日本語で教えてくれたりしていました。

BBQが終わってリビングで三人でテレビを観ていた時も、ニュースで分からないことがあったとき、日本人二人が彼氏さんに聞いて、分かりやすい英語で教えてもらったりしていました。今私が住んでいる家にもリビングにテレビはあるのですが、だいたい誰かがNetflix観るか、キッズたちがゲームしているので、ローカルニュースや普通のテレビ番組を観れる機会がなく(^_^;)ちょっと羨ましかったです笑

 

それではまた!

英語でおしゃべり会!楽しかったです♪

Hi, Masaです。

今日はzoomで、英語おしゃべりを6人でさせていただきました(^_^)/お仕事の休憩時間に参加してくださった方も!

参加して頂いた皆さん、ありがとうございました!!

私がやりたかったので日時決めて開かせて頂きましたが、今回はMirika先生がいないということもあり勝手に緊張してました、実は。笑

でも楽しかったです!次回また機会があれば、普段の英語の勉強の仕方や思うことなど、せっかくなので学習についておしゃべりするのも面白いかもと思いました(^^)そして写真撮るのを忘れていました笑

 

さて、今日は2週間ぶりの土日休みの土曜なのでsuper happyです笑

6日連勤→1日休み→6日連勤→1日休み→5日連勤→今日

なので、まだ仕事モードが抜けきらない感もあるんですが、ゆっくりしたいと思います。やっぱり肉体労働ではあるので、1日休みだと落ち着かないですね(^_^;)

最近、なんとか自分のリスニング力をもっと上げたいと思い、ディクテーションを自分なりに始めてみました。毎日のようにNetflixを観ているので、それを使っています。もっと早く始めれば良かったんですが、効果があるのを実感しています。

汚くてすみません、そして出だしからヒドい笑

なんとI’ve always がBoysに聞こえるというww

Boysはおかしいので違うと分かっていたんですが、正解が分からずそのままにしておきました。ヴォー(ル)ェィズがボーィズにしか聞こえなかったんでしょう(^_^;)

気になる方は、NetflixのBill Gatesのシリーズ、EP3の3:00あたりをぜひぜひチェックしてみて下さい笑 私の気持ちがわかるかも(?)でもBoysにはさすがに聞こえないかも・・・笑

初めてディクテーションをしたのは、Kats先生のTOEICレッスンの時でした。参加者の皆さんと一緒に1つの音源を聞いて書き取るのですが、全然書けず(^_^;)

でも内容を理解した上で聞くと、単語が聞こえるようになるから不思議です。

 

帰りの車の中で聞いたラジオから、若干聞こえるワードが増えていてその即効性に驚いたのを覚えています。

実際、ディクテーションをし始めた今週の頭、仕事前にみんなでロッカールームで雑談するんですが、少し拾えるワードが増えてきています(!)まだスムーズからはほど遠いですが、これを続けていけば、きっとネイティブ同士の会話がこわくない日も来る気がします(^^)

 

あとは、コーチングでもMirika先生から指摘されているとおり、英語の強弱ですね。どうも苦手らしく、自分ではかなり意識しているつもりでも、自分の音声を聞き返すとやっぱりフラットなんですよね。英語の音源を聞くと、なにかが違うのが分かります。

昨日休憩時間に、クリアで聞き取りやすい発音をするオージーの一人に私の金曜日の音声を聞いてもらいました。「先生からも強弱が課題だね」って言われてるんだよねと言うと、「たしかに、フラットだね~」と言われました。あと昨夜はゆっくりの音声と早いバージョンと2つ送ったので、早いほうを聞いてもらったんですが、「練習だからMasaも意識してゆっくり話してると思うんだけど、もっと早くスムーズに言えるようになると良いね」と言われました(^_^;)いや、これ今の自分の最速なんですけど・・・(T-T)笑

 

自分の中のイメージとしては、単語ごとのアクセントをもっと注意深く発音する+文全体でももちろん強く読むところ、弱くていいところを意識する

やっている内に、ネイティブが自然にできている規則性みたいなものに徐々にハマっていけるのかなあと思っています。きっと、話していてその方がナチュラルと感じる感覚がどこかにあるんだろうなあ・・・ある気がする・・・

 

そしてそれが出来ると、結果的により会話が聞けるようになり、自分の話も相手が聞きやすくなり会話が楽しくなるという好循環になると思うんですよね。がんばります(^_^)/♪

それではまた!

Congratulations, Carly! & それぞれの挑戦 & 英語でしゃべらNight

Hello 皆様♪

約一か月ぶりにMirikaが投稿します。

English Avenue講師Carlyが、Queensland University of TechnologyのTeaching Phonics in Early Childhoodを修了しましたーーーーー!!!!👏👏👏

”Teaching Phonics in Early Childhood”を和訳すると、「早期フォニックス教育」って感じかな?

主に未就学児童や小学生をメインに指導しているCarly先生、今までもフォニックスは教えていたし、実はテキスト集めが趣味で、様々なテキストを使って毎日自分で英語や英語指導を学び、そこで得た知識を指導に役立てたりしていました。今回、世界的にも有名な大学のコースを受講し、修了した事で、更に指導にも磨きがかかるかと思います。

親子英語や小さいお子様への英語指導は基本的にCarly先生に任せようと思っています。アメリカ国務省認定のチャイルドケアプログラム、米国オペアプログラムを修了していますし(ちなみに私も元オペア♪)、本人も子育て真っ最中のママでもあるので、保護者の皆様やお子様達に寄り添った指導が出来ます。今回フォニックスのコースを修了した事で、より指導力に磨きがかかったはず♪

福井でお子様に英語を、とお考えの方、是非一度お問い合わせ下さいね♪記事の一番下にお問い合わせフォーム追加しておきます。

English Avenueは現在、他の英会話では恐らくこんな風にはならないだろうって位、全体の英語学習熱が高まっています!

レッスンを複数受講される方、レッスンと並行して積極的にアウトプットの場に参加する方、レッスンと並行して海外の大学や語学学校のコースをオンラインで受講する方、TOEIC、英検、CNN英検を受験する方、医療英語のセミナーを受講する方…

今までも割とやる気がある生徒さんが集まる教室ではありましたが、コロナ禍の影響でみんなのやる気が更に上がるという現象が起きました。

皆さん動機はそれぞれだと思いますが、やはり、自分のこれからの働き方、生き方、学び方を考え直す、良いきっかけになったのではないかなぁと思います。

今まで当たり前に出来ていた、「講師や他の生徒さん達と実際に顔を合わせて学び合える」事が、どれだけ恵まれていて、素晴らしい事か。

でも、現代のテクノロジーの発達のお陰で、わざわざ海外に行かなくても海外の大学や語学学校の授業がオンラインで受けられるし、英会話もほとんどの生徒さんは休まず続けられて、それがどれだけ恵まれていて、素晴らしい事か。

私は以前から、「世界の情勢やその国や地域の情勢がいつどうなるかなんて分からないし、それぞれの人生も、いつ何があるか分からない。だから、いつか行きたい、ではなく、行ける時に行く事、行けない理由を探すのではなく、いつ行くのか決めて、どうやったら行けるのかを考える事。」と言っていましたが、今まさに海外に行けない状況なので、「Mirika先生の言う通り、行ける時に行くべきだなと思いました。」「(去年、一昨年に)行っておいて良かったなと思いました。」と言う生徒さんも何人かいます。

そうやって皆さん色々思うところがあり、英語学習熱に火がついたのだろうと思います。

オーストラリアにいるMasaも、毎日ネイティブ達と共に働き、ネイティブ達と暮らしながら、更に英語を学び続けているし、また、英語以外の事も学んでいます。

生徒さん達同士刺激しあって本当に良い循環が出来ているし、そして、その様な生徒さん達の頑張りに刺激されて、私も日々勉強に励んでいます^^

実は… ハーバードの世界文学コース、もう半分以上終わっているのですが、それが終わる前に、World TESOL AcademyのTESOLコースに申し込んでしまいました^^; というのも、いつか受けようと思っていて、でも後回しするつもりだったコースなのですが、なんと2日間?3日間限りの大幅割引があり… 半額以下なんです… 一瞬悩みましたが、きっと私なら出来る、安いうちに申し込んだ方がいい、と思い、申し込んじゃいました!なので、しばらくは世界文学とTESOLと同時進行で頑張ります。多分結構大変だけど^^;

TESOLは、英語指導の国際資格で、TESOLを取得すれば国際的に英語が指導できます。まぁ今のところ海外に住んで英語を教えるつもりはないですが、外国人に英語を教えた事も何度かありますので、今後役に立つかなぁと思っています。今まで、中国人、韓国人、タイ人、ブラジル人、メキシコ人、エジプト人、トルコ人、ペルー人、ロシア人、ベトナム人、エチオピア人、コロンビア人、フランス人、ドイツ人、マレーシア人、フィリピン人に教えた経験があります(他にもいた気がするけど覚えてない)。マレーシア、フィリピンは英語を第二言語で話す人で、このお二人はTOEFLやIELTS対策でしたが、あとの皆さんは英会話です。私がアメリカにいた頃に教えたり、彼らが日本に住んでいる時に私のレッスンを受講したり、という感じです。今後も依頼があると思いますし、オンラインでも教えられるので、TESOLは取っておいて損はないと思っています。

洋書を読む会もあるし(洋書を読む会は、準備に時間がかかるし、私自身もかなりリサーチしたり勉強したりしながら開催しています)、日々の授業もあるし、ダンスや音楽の仕事もあって、大変なのはわかっているんですが、ワクワクが止まらない~♪ダンスや音楽の仕事はしばらくかなり少ないし、追い込むなら今しかないと思うし、子どもがある程度大きいから&まだ若くて体力があるから出来る事でもあります。だからがんばるっっっ!!!

先週の土曜日は、「英語でしゃべらNight」でした!ワイワイ楽しかったー!!!

久しぶりにKats先生も参加したし、Daniel先生も来てくださり、少人数ながら盛り上がりましたね!二次会までしちゃいました♪

3月に少人数開催、4月、5月はオンライン開催、そして6月からまた少人数開催している「英語でしゃべらNight」ですが、こんなご時世だからこそ、来てくださる皆様に心から感謝しています。ありがとうございます。

生徒さん達のアウトプットの場として開催していますが、ただ単にアウトプットするだけでなく、Danielは毎回参加してくれていますし、現役の英語講師達も参加しているので、生きた英会話を聞けるチャンスでもあります。

オンラインでも、生徒さん同士が英語で話すグループ(無料、講師の参加なし)、お友達同士で申し込み出来るオンライン英会話サークル(講師が参加してお手伝い)、また、自主学習応援グループを開催しています。ここまで英語を実際に使いまくれる、学びまくれる教室は他にないと自負しております!しかも格安だし♪

レッスンやパーティーに興味ある方、是非お問い合わせ下さいねー!

それでは、長くなり過ぎたので、この辺で。Stay safe, and enjoy learning English!

Mirika

好きな映画と、ザ・オージーな動画をシェアしてみました!

Hi, Masaです。

オーストラリアは冬真っ只中ですが、朝晩が5度とか冷え込むだけで日中は今日も21度。スーパーへ行くと半袖短パン、ハダシ(笑)という夏と同じ服装の人もいます。

 

仕事は今週、来週は月~土出勤ということで慌ただしいですが、今日は6日ぶりの休日ということでゆっくりしています。スーパーの帰り、ガソリンを入れにスタンドへ寄って、コーヒーが買えるということでMサイズ購入。

Mサイズを言おうとするといつもなぜかMediumが出てこず、between small and largeという謎の表現で乗り切ったこともある私ですが、最近ようやく定着してきました(笑)

店員さんに注文すると、「今カップのフタ切らしてて、フタ無しになるんだけどいいかな?届くの明日なんだよね」と言われ、オーストラリアの緩さ?を感じながらコーヒーを手に帰宅w

Netflixでお気に入りの “THE AGE OF ADALINE”を観ながらゆっくりしていました。

これは日本にいるときからずっと好きな映画です。

ざっとストーリーを言うと、

主人公のアデライン(109歳)は若い時の事故の衝撃で歳をとらない体に。29歳で加齢が止まり、娘とも姉妹と見間違えられたりしている内に、不思議な体質をかぎ付けた政府から目を付けられ調査目的で連れ去られそうになります(^_^;)

身の危険を感じたアデラインは、定期的に住所を変え名前を変えるようになりますが、恋人にも自分の情報を極力明かさず、関係が深くなる前に情報の漏れを恐れて自分から去るようになります。歳を取らなくなるのも色々大変なんですね~。そんなアデラインにも信頼するに足る相手ができ、色々あるものの娘からの後押しで、ずっと逃げていた自分と向き合っていく・・・といった感じです(^^)

あとは、歳を取りおばあちゃんになった娘と、外見若い女性の母親の二人の、内容は親子の会話なのに見た目は逆というギャップもユニーク。娘も会話の相手は母親なのに、話し方やお願いの仕方はおばあちゃんのそれなのも面白い。

ただやっぱりBGM含め、全体的に落ち着いた雰囲気なのが特に好きなところですね。

 

日本語字幕がないのが残念ですが、なるべく長くNetflixで見続けられることを祈っています(定期的に公開期限が切れ観れなくなったりするので)

最近知ったのですが、月額97円追加で、日本語英語同時字幕(日本語字幕があるものは)、前後の文章も表示、しかも単語にカーソルを合わせるとその単語の意味も表示してくれる機能をオプションでつけれる事を知ってから、より便利になって英語学習にもピッタリだなと感じています(^^)b

 

新しい表現が出てきたらメモして自分でアレンジ文章を作ってみたり、ディクテーションしてみたりするのが自分に合うなと最近気付きました。

さっき観ていて見つけたのは、

“Well, it looks like I’m not the only one getting nostalgic.”

アデラインが昔のアルバムを見入っているのを見た娘が、「思い出に耽っているのは私だけじゃないみたいね」というシーン。

自分の中でのポイントは、

・look likeのあとに S + Vと続けて良いのか怪しかった(続くのは名詞だけの印象だったので)

・続けたとしても、その後にthat を付けるべきか否か、外しても良いか分からなかった

・~は自分だけじゃない の表現

・one のあとは全て関係代名詞whoを付けていたので、そうか付けなくてもいけるのかと気付かされた

・who isを省略して、いきなりgettingと続けちゃってもいいのね、と発見だった

という感じです。NetflixじゃなくてもYoutubeにも無数に良い動画もあるし、字幕付けてくれている動画も膨大にあるので、事欠かないなと思う今日この頃です(^^)

 

部署替え2回を経験して、今の会社で働き始めて早4ヶ月。いまだオーストラリアの人たちとのコミュニケーションは難航していますが、僅かに僅かに、聞き取れる率が上がっているんだろうな・・・という感じです。特にクリーニングチームに配属になってからはここのメンバーはよりローカル感の強い?オーストラリアアクセントの強い話し方で苦戦していますが、がんばります(^_^;)笑

 

オーストラリアアクセントといえば、今の職場メンバーの話し方そっくりそのまま再現したような動画だなと思ったので、ちょっとここでシェアさせて下さい。好みは分かれると思うんですけど笑

※言葉遣いは最悪です(^_^;)F**kワード連発。気になる方はやめといた方がいいかも・・・言葉遣いの荒いおっちゃんです。ただ、うちの会社には割といます笑

バリバリのオーストラリア英語が気になる方は、ぜひチェックしてみて下さい。あくまでも私がここでシェアしたいのは言葉遣いではなく、アクセントです(^^;)

ラジオやテレビのきれいな英語とは全然違います。

日本にいるときに初めて見て、まっっったく言っていることが分からず・・・でしたが今は若干拾えるようになりました(^_^;)とはいえ内容全体はまだ把握できません。というのが私の現在のリスニング力です(がんばろ・・・(^_^;))

フィリピン人の仲良い先生に送ったら、F**k系のワードの嵐にショックを受けていたので、不快になる方がいらっしゃったらすみません。汗

ただ、そのf**kワード連発具合も含めて、今の職場の会話にめちゃくちゃ近いです(笑)

 

オーストラリアのローカル会話を(良くも悪くも)感じてもらえたらと思ってシェアしてみました。これが聞ければ、オーストラリア人とのコミュニケーションでリスニング面で困ることはないはず!!笑

 

最後に、親知らず抜歯したところも落ち着いてきたところで、前から気になっていて買ってみた回転式の電動歯ブラシを載せてみます笑

フロスと組み合わせて、歯のクリーンさを維持していきたいですね。後ろの2つの歯ブラシはキッズのやつでかわいかったので、バリバリのオージーおっちゃんの後に少しでも癒やしになればと載せてみました(^_^)笑

それではまた!

親知らず抜きました in Australia

Hi, Masaです。

Tomokoさんもブログで書かれているように、今日TOEICのテストが無料でYouTubeにて公開されます。私はプリントアウトでつまずき後日受験予定汗

(40分かけ最寄りのOffice workという文房具関連のチェーン店へ行けば可能)

来週以降、問題用紙と解答用紙をそろえて受験しようと思います(準備不足(^_^;))Carly先生、情報シェアありがとうございます!

さて、実は金曜日に親知らずを抜いてきました。

日本で出国前に残る2本全部完了させてくる予定だったんですが、色々バタバタし抜けたのは1本だけ。海外で歯医者は保険がきかず高いと聞いていたので、オーストラリア終了して帰国後に抜くつもりでした。

しかし!

①親知らずとその隣の歯が磨きにくくて虫歯リスクも高まるし(虫歯治療がめちゃ高いです)

②親知らずは徐々に伸びてきていて、いつか反対側の歯茎に当たり痛み出すらしいので、もしそれがコロナ第2波でまた歯医者さんが閉まったときになってしまうと最悪だ!

③調べてみると意外にも、保険無しで日本で抜歯するのと金額がほぼ同じ

(日本で行っていた歯医者では2万円、こちら285$(21000円、全部込みで)

と考えて、ちょっと不安でしたがオーストラリアで抜くことにしました。

そして、2時間かけてブリスベンまで行くのは面倒くさく、ま、これも経験だな!と思い切って通訳無しで家から6分の歯医者を金曜日に予約。大きい都市の歯医者には、日本語通訳さんがいるそうですが、ここは田舎なので笑

(新しいboning roomが来週から稼働するので、その工事で木・金は会社が休みで4連休!これを逃す手はないと決めました。抜いた後丸々2日は休み欲しかったので)

事前の予約電話でかかる金額を確認し、いざ当日。

場所はあまりちゃんと確認してませんでしたが、いつも行くスーパーの目の前にある歯医者さんで、きれいで落ち着く雰囲気。

受付の方も丁寧で穏やかで、少し安心。

問診票を書いてねと言われ、プロフィールと病歴について(アレルギーや過去にこういった病気にかかったことはあるか、現在かかっている病院はあるか、特に事前に伝えることはあるか、など)色々と聞かれ、結果当てはまらないので全部空欄で提出。

これはミートファクトリーの応募の際にも同じようなことを聞かれるので、英語でも慣れていました。

しばらくすると、向こうから先生自ら挨拶に。韓国人の先生らしく、年は30~40台くらいの男性。軽く挨拶して「名前の発音これで合ってるかな?」と聞かれ、うん合ってるよと返事。

スムーズな施術のため、近い、穏やかな雰囲気を大事にしているかんじ。すごく丁寧な感じで、安心しました。経験上、先生は穏やかできちっとしている人が良いと思っているのでほっと胸をなで下ろします(^_^)笑

個室に通され、見ると日本と同じような設備。歯医者さんでよく見るイスに座り、「今どんな気分かな?」と聞かれたので「既に親知らずは3本抜いてるからどんな感じか分かるけど、オーストラリアで初だから緊張してるよ。痛くないと良いな…(^_^;)」というと大丈夫、麻酔もかけるし慎重にやるからね。痛かったら左手挙げてね、とのこと。

結果日本と同じような流れで、麻酔注射して、しばらくしたら器具で引っこ抜く感じです。一応レントゲンを撮って、歯も簡単なケースでスムーズにいきました。むしろ日本の先生より上手かもって感じでした。笑

前日に歯医者関連の英語を調べて行ったので、今の状況や、なぜ今痛んできてるわけでもないのに親知らずを抜きたいかは説明できましたし、聞き返したものの先生が「今から~するからね」っていうのも大方分かりました。

調べて行ったのは、

Plaque 歯石

Cavity 虫歯

Anesthesia 麻酔

numb 麻酔をかける

Emerge at an angle 斜めに出てくる

get my wisdom tooth pulled out 親知らずを抜く

※wisdom tooth 親知らず 

The dentist extracted my wisdom tooth 歯医者さんが親知らず抜いてくれた

Gum 歯茎

Gum disease 歯周病

gargle うがいする

rinse ゆすぐ

以上ですね。(※ネット情報)

ただ結局使ったのはいくつかだけでしたが笑

そして発音何回も確認したのにAnesthesiaを聞き返すという(^_^;)いや発音むずかしい!

終わったらwell done!と言ってくれ(私はただ寝てただけでしたが笑)、ガーゼと術後の注意が書かれた紙、処方箋をもらい薬局へ。

あまり口動かしたくなかったので、薬剤師の人にHow can I help you?と聞かれてAh-…と言いつつ無言で処方箋を出すと、そこからは首を振るだけでやり取りできたので良かったです笑

その夜は少しだけいやな痛みが時たまありましたがそれくらいで、今日は痛み止めも飲まずに過ごせています。

まだ抜いた歯茎はそのまま穴が空いているので、完全にふさがるまでの1ヶ月ほどは注意が必要ですが、一応峠は越えたので安心しています(^_^)

処方箋や術後の説明書の写真も載せたかったのですが、wordpressがなぜか反応してくれないので、今日はこの辺にしておきます笑

それではまた~(^_^)/

今日はTOEIC 公式オンライン模試です!

Hi guys!

How have you been and studying English lately ?

お久しぶりの投稿になってしまいました、Tomoko です!

コロナ自粛も終わり、日常生活が戻ってきましたが、何だか疲れてしまう今日この頃、と言う方も多いのでは無いでしょうか?

私も少々体調不良ですが、コーチングレッスンと週1回の配信レッスンで何とか勉強をつづけています。

さて、今日は間もなくTOEIC 公式のオンライン模試が始まります。

YouTube のTOEIC 公式チャンネルで、音声などの配信があり、リアルタイムでの受験はもちろん、暫く配信は観れるので後日受験する事も出来ます。

何より嬉しいのが、無料!!!

今日は英検の受験日でもあるようですが、ネットの情報によると着席前の体調チェックに時間がかかり、かなり大変なようです。

私も次の英検は申し込むつもりですが、この感じだと早めに会場に着いていた方が良さそうですね。

話は戻りますが、今日のTOEIC 公式オンライン模試はEnglish Avenue で共に学ぶ仲間達も沢山受験されるようで、私もとても励みになります。

皆さんモチベーションがとても高いので、互いに切磋琢磨して、自分も頑張ろうと思えます。

ここがEnglish Avenue の素晴らしいところ!!だと思います。

TOEICのオンライン無料模試などの情報も、今回はCarly 先生がシェアして下さったお陰で私は知る事が出来ましたし、以前はKats 先生がアルク出版社のオンライン模試を教えて下さって、何度も無料で受験する事が出来ました。

コロナ自粛の間に感じたのは、やはり英検やTOEIC などの試験を受ける、と決めて申し込み受験料を支払うと、自分を追い込んで勉強へのモチベーションは上がるし、結果はどうあれ勉強した事は絶対に自分の力になるな、という事です。

もちろんそれ以外でも目標を持ってコツコツ勉強していく事も大切ですが、私の場合は自分で自分を追い込まないと駄目なタイプなので、、、。

と言う訳で昨日試験問題と解答用紙はダウンロードしてプリントアウトしたので、これから準備に取り掛かろうと思います。

試験開始まで問題は見ないのは、本番と同様の状態にするため。

2時間集中力を持続できるかどうかもポイントなので、頑張りたいと思います。

今からでも間に合いますし、後日でも可能ですので、これを読んだ方も是非チャレンジしてみてくださいね!

では、See you soon!!

顔が小さいはNG!?

相手のことを褒めるのに
ついつい使っちゃう表現。
顔が小さい。
鼻が高い。
目が大きい。日本人なら、相手の体を褒める表現、結構使ってる人多いのでは?
私も使っちゃってます
細ーい!うらやましーい!
とか。

                              

                         

でも、
これって
英語圏では、相手に失礼だと思われてしまうんです!相手の体について言及するのは、そもそもNGと覚えましょう!

鼻が高いことをコンプレックスに思っている人もいます(^◇^;)
顔が小さいというと、脳みその大きさが小さいってこと?どういうこと?と思われる場合も(><)💦

せっかく褒めているのに
そんな風に受け取られたら悲しいし、
もったいないですよね?

じゃあ、どうしたらいいのって?

                        

                       

相手を褒めたい!
そんな時は

                       I like your 〇〇〇〇!
君の〇〇が好き!

この表現を使いましょう♡♡

I like your watch.
君の時計が好き

I like your earrings.
君のイヤリングが好き。

Mirika先生がYouTubeで紹介していますのでURLを掲載しておきますね↓↓

相手を褒める時は
身体的な特徴ではなく、
持ち物を褒めましょう☆

                       

イチ

Mirika、37歳になりました

Mirikaのお友達の皆様、生徒の皆様、レッスン等でお祝いして下さったり、facebook、instagram、twitter、LINE等でお誕生日のお祝いメッセージありがとうございます♪
生徒さん達にサプライズでお祝いしてもらったり、プレゼントを貰ったり、私愛されてるなぁーって幸せな気持ちになりました♡

毎年アメブロで誕生日の抱負みたいなのを語っているんですが、ブログのパスワード分からなくなっちゃってここ2,3か月入れてないので、アメブロ放置中。

なので、とりあえず英語の目標は、ここに書こうと思います。

長いのでw 興味ある人だけ読んでね^^

今年4月で、英会話教室を開いてから遂に15年が経ちました。

私が最初に英会話教室を開いた時、一番したかった事は、どんな人にも英語を学ぶチャンスを与える事でした。
私が英会話を習いに行きたいと思ったあの頃。我が家は母子家庭で、英会話教室の値段を見ただけで、母に習いに行きたいと頼む事を辞めました。
海外の大学に行こうと決めた時。英会話を学びながら働きながらお金を貯めようと思いましたが、英会話の値段が高く、大学は学費も高く、両方は無理だと、泣く泣く諦めました。何度も何度も泣きました。
だからこそ独学で英語を学び、米国オペアプログラムに参加し、働きながら公立のカレッジに通いました。そこで得た事は本当に大きく、公立の学校だったからこそ、働きながら学ぶ移民の人達や子育てが終わってから学び始めた人等も多く、私が特別苦労している訳じゃない事、いくつになっても学べるという事に気付き、その後の人生を変える大きな転機でした。

そんな自分の経験から、私は、どんな人でも学べる英会話教室を目指してきました。

だから留学したい人が留学資金をためながらでも通えるような値段設定にしてあるし、母子家庭の人達がキャリアアップのために英語を学ぶのもサポートしていて、スタッフをしながら割引を受けたり、場合によっては無料で英会話を習えたりする制度も作りました。どんな事をするかによりますが、本名を隠したり、顔出しなしでのスタッフも出来る様にしています。

オンラインで英語を教え始めてからも10年以上経っていますが、最初のきっかけは、県外に引っ越した生徒さんが引き続き私のレッスンを受けたいと言って下さった事&車いすの方がレッスンを受けたいと言って下さった事でした。それがたまたま同時期だったので、じゃあオンラインで教えよう、それなら、仕事が忙しかったり子どもが小さかったり介護をしていたりでなかなか英会話に通えない人も受けられる!と思い始めました。その車椅子の方はオンラインは嫌で、どうしても私に出張レッスンに来て欲しいという方だったので、結局私のレッスンは受けなかったのですが、それがきっかけで始めたお陰で、今まで家庭や仕事の事情や、病気等の事情で英語を学ぶ事を諦めていた方々、そして、福井県外や海外から私のレッスンを受けたいという方にもオンラインで受講してもらえる様になりました。

また、障がいのある人達も英語を学べる、それをずっと目指しており、特に子どもは、難聴、自閉症、ADHD、アスペルガー等、他の教室では引き受けてもらえなかった人達、なかなか引き受けてもらえない子ども達も来ています。

今までも試行錯誤しながらそういう子達に教えてきて「英語が大好き♡」って思ってもらえる事もあり、いつもそういう子達の存在に励まされていますが、その反面なかなかうまくいかない事もありました。

なので、今年度は、今受けているハーバード大学の世界文学のコースが終わったら(11月終了予定)、今度は、障がいのある子ども達への教育等を学ぼうと思っています。2年位かけて色々学んでいきたいな、と。そして、もっともっと色んな子達、色んな人達に英語を通して人生が豊かになる経験をしてもらえる様に。

どんな人にも英語を学ぶチャンスを与えたいと私は本気で思っています。こんな風な働き方をしている以上、私が金持ちになる事はまずないと思います。が、経営者としては失格かもしれませんが、私はそれでもいいです。

実は、もっと講師を育成して英会話教室の経営者として成功したいと思ってずっと頑張っていたのですが、最近それを考えなくなっています。今は、生徒さん一人一人と向き合い、生徒さん達を成功に導きたい、生徒さん達の幸せのお手伝いをしたい、純粋にそれだけを思っています。

きっと、経営者として成功しながらも、目の前の生徒さん一人一人と向き合う事は可能です。だけど、私はそんなに器用な人間ではないので、経営者として成功する事と講師として目の前の生徒さん一人一人と向き合い生徒さん達を成功に導く事と、両方を追うキャパがないんですよね。

目の前の生徒さん一人一人と向き合いつつ、結果として経営者として成功出来たら、それは素敵な事だと思いますが、経営者として成功する事を目標にするのは私に向いていなかったなぁと、最近やっと気付いてきました^^; ←遅い 

という訳で、37歳は、初心に帰り、「どんな人にも英語を学ぶチャンスを!」ともっともっと徹底します!そして、生徒さん達のために学び、それを生徒さん達に還元していく事が目標です!

Thank you for reading♡

3度目の正直(?)今の部署で落ち着けそうです

Hi, Masaです。

クリーニング部門で働き始めて2週間が経ちました。

結論から言うと、少なくとも経験した3つの部署の中で一番無理せず働ける感じがします。ボスやリーダー、他のワーカーもフレンドリーで、ようやく落ち着いて働ける感じになってきました。

というのもどうやら、やはり初めて働き始めた人からすると嫌な仕事でハードワークでキツい!辞めたい、部署替えしたい!となりやすいらしく(夜勤ですし余計かな?)、最短2日で辞めた人、1週間で部署替えを希望して移って行った人・・・結構続かない人が多いそうで。

でもここの仕事はチームワークだし、4:00AMまでに掃除を終わらさないとBoning roomのワーカーが仕事を始められない。つまり、人数が減ればその分今のクリーニングチームで働いている人の負担が増えるだけということで、新しく入った人にはできる限り長く続けてもらいたいというのが本音のようです。

しかも、それに加えて現在新しいBoning roomを建設中で年内完成予定だそうで、つまり掃除範囲がさらに増えると言うことでワーカーを増やしているそう。そのため私の1週間後に韓国人1人、一昨日はベルギー人3人が新しくクリーニングチームに加わり計14人になりました。ここで誰か辞めると、さらに今働く人にとっては負担増な訳です。

だから余計、みんな優しい感じですね(^^)笑

まあそれは、今度こそ今の部署で落ち着いて長く働きたい私には追い風、願ったり叶ったりな状況なわけです。

実際、仕事的には綺麗な仕事じゃないし仕事を終えると服や体に肉のにおいが残っているのが分かったりしますが、チームの一員として認識してもらっているのが分かるし、役に立てているのが実感できてそこは嬉しいです。前のBoning roomより若干勤務時間減にもかかわらず収入もアップしましたし笑

どうやら週ごとに掃除ポジションがローテーションで入れ替わるらしく、今週は私は牛がまさに殺される場所の掃除でした。

会社の中で一番真っ赤な場所だと思います(笑)

私:床と壁と機械についた血をまずおおまかに水ホースで洗い流す

別のワーカー:熱水ホースでしつこい汚れを洗い流す

私:最後に全て真っ白に自なるまですみずみまで水ホースで洗い流す

それで大体2時間半ちょっとかかるのでkill floorは終わり、内蔵roomはやらず、休憩してからシメのBoning roomに移ります。

個人的に1週目のポジションの、しつこい汚れをゴシゴシやっている時より血まみれにはなりますが楽で、むしろずっとこれでいいなって感じです笑

あと自分としては普通にやっているだけですが、Masaの仕事めっちゃ丁寧でGoodと言われ、高評価をもらい安堵しています。

distributionにいた時も手や指が痛かったし、Boning roomにいた時は指への負担が特に大きく、休日ふとした時にも痛みを感じるほどでした(ひたすら袋詰めで指を酷使するので)。しかしクリーニングチームに移ってその痛みはほぼ無くなってきています(ゴツいホースのグリップを握り続けたり、汚れをこすり続けるので手の疲労感はあります。が、以前に比べれば0に等しい)。

しかし新たに加わった4人はかなりしんどいらしく、「Masa、めっちゃしんどいよ・・・手とか肩が悲鳴を上げてる・・・もう限界だ」とかって弱音を吐いてくるのですが、私的には「いやいや他に比べたらめっちゃ楽なのに何言ってるん」って感じで、ああこの3ヶ月で知らぬ間に自分も少しはタフになったんだなと感じました。

クリーニングチームの皆と仲良くさせてもらってるのですが、特に57歳のフレンチの女性と仲が良いです。仕事の始まりは7:00PM ですが、よくkill floorが遅れるのでそれまで外で待機しているのですが、そこでよく彼女と話します。個人的にすごく気が合って、今までの彼女の人生の話も面白く色んなことを話します。これまでそこまで気の合う人が会社内にいなかったので自分としても嬉しい出会いです(^^)

彼女はフランスで生まれ育ったのですが、固定観念に縛られた伝統的な考えに染まるのがイヤで、フランスにだけ住み続けるのは勘弁だとずっと思っていたそうです。高校生の時に両親の仕事の関係でニューカレドニアに移住(ニューカレドニアはフランス領なので、フランス人は住むことができるそうです。羨ましい!(*_*)笑)。そこで近くにあるオーストラリアのことを色々聞き強く惹かれ、18歳になって高校卒業後に渡豪。

そこから世界各国をまわりたいと思い10年近く世界中をまわったそう。

旅の資金は現地で稼いで渡り歩く、というスタイルで旅し続け、最終的に「やっぱりオーストラリアが一番美しい国だ」ということでオーストラリアに落ち着いたそうです。

二回の結婚を経て今のご主人、3匹の猫と穏やかに暮らしているそうです。

子どもはいないけど、自分が一番やりたいことをやり続けた人生、今とても幸せだし、いつ死んでも良いと断言できると言っています。

彼女が話す様子からは幸せな雰囲気がとても感じられ、自分もどの年代になってもそうはっきり言える人生を歩みたいなと改めて感じましたね(^_^)

同時に、英語を学習して流暢ではなくとも話せるようになったことで、こうしてオーストラリアで暮らし、そんな人生を歩んできた彼女の話から新しい世界を知ることができる。

英語という世界で最も使われている言語を学ぶことで、得られるものは自分の想像以上だなと感じます。

学習を始めたときは、そこまで考えていませんでしたが、学習を始めて本当に良かったです。と改めて感じた今日この頃でした(^_^;)笑

あと思ったのは、英語ももちろんですが新しく何かを始めても、それが自分の身にメリットをもたらしてくれるようになるまで、一定期間かかります。

つまり何か始めようか悩んでいるなら、いずれにせよ時間を要するし、そのメリットは自分が考えつく以上のことが多いので、すぐに始めた方がいいということですね。それにようやく気がつきました笑

長くなりましたが、引き続き今の部署で頑張ります。来週の私のポジションは、フレンチの女性曰く「個人的に一番ハードな場所」らしいので、気を引き締め取り組もうと思います!

最後に家の12歳のお兄ちゃんが、学校の日本語クラスで自己紹介を書いたからとくれたので、写真を載せてみます(恥ずかしいけどいいよと了承済 笑)

それではまた!