近況アップデート

Hi, Masaです。

変異種のCOVID-19が確認されたということで、最寄りの2時間の距離の都市、ブリスベンで3日間だけロックダウンが実施されてから1週間。幸い3日間という短い期間のおかげで反発も少なく、感染拡大を防止できているようです。

 

今までだとニュースで取り上げられるのは南のビクトリアやシドニーばかりだったので、北東のQueensland州は割と安全だと気が緩んでいたのは否めません。今回急に変異種確認、ロックダウンとなったことで改めて気を引き締めないとという気持ちになりました。

私の状況としては、今オーストラリア2年目、2021年12月までオーストラリアに滞在できますが、(トータル2年)ただ今そのビザを延長できる条件を満たすファクトリーで働き続けているので、もしかしたらあと1年さらに延ばす条件を満たせるかもしれないということで、来月そのアプライをしてみようと思っています。丸々3年いるかは分かりませんが、お金を貯めつつ英語圏で暮らして、勉強もしていきたい自分にとってはもう少しこっちにいれるならありがたいという感じですね。今日本に帰国したら、固定費で今以上にお金が飛んでいくのは明らかなので。

 

そして、今のファクトリーのクリーニングで働いて約7ヶ月、人も悪くなく仕事も順調でしたが、11月末に袋詰めのマシーンが大きくアップデートされてから掃除がめちゃめちゃ大変になり、それが結果仕事をスーパーハードにしています。というのも、作りのデザインが1mmもクリーナーのことを考えていない仕様(肉が触れるので、衛生上、繊維の一欠片も残らないよう毎晩掃除しないといけないのは分かるはず(^_^;))なのでまあ大変。

 

人一人がようやく通れるような棒と棒の間をなんとかくぐって機械の下に潜り込み(狭すぎて入れないところもある笑)、ハイハイしながら上下左右色んな角度からホースで流し残しがないか確認し、狭いところをハイハイしながら進み・・・の繰り返し。自分の頭上にも放水せざるを得ないので水がひたすら滴ってずぶ濡れになるし、あらゆるところにステンレスの凹凸があるのであちこちぶつかって声にならない声をあげたり・・・(^_^;)日本のメーカーだったらこんな複雑なクリーナー泣かせなデザインにはしないんだろうな・・・と何回思ったか分かりません(^_^;)

ということで、疲労とイライラがこの2ヶ月ほどで相当溜まり、まあそれならビザ延長の目的が果たせた後は、そろそろ仕事を変えたいという思いに至ったので、転職活動を開始します!笑

ワーホリで1年同じ職場で働く、まあまあレアな方だと思います(^_^;)

まあ、そんなところでもローカルの給料で、オーストラリア人に囲まれて働けて、ビザも延長できて、感謝しかないんですけどね。

 

ということで、またその仕事についてもこちらでアップデート情報書いていけたらと思っています。

それではまた!

英語を上達させられる先生、英語を上達させられる学習者

Hello! Mirikaです。

今日バス停での出来事をシェアします。

私がバスを待っている時、私の他にもう一人バスを待っていました。どうやらその方は外国人の英語講師だったらしく、その方の生徒さんがたまたま通りかかり、”Hi!”と挨拶しました。

お二人とも私の隣にいたので、聞き耳立ててなくても聞こえる距離だったのですが、会話の内容からして最近英会話を始めた訳ではなさそう。なのに、その生徒さんは、言いたい事を全く英語にする事が出来ず、というか言いたい事を英語で言おうという気すらなく、「_____(文)ってなんていうの?」って始終聞きながら話してたんです。例えば、「今買い物に行く途中って何て言うの?」みたいな。しかも、先生が英語で教えてもリピートもしない。で、その先生も日本語がまだそこまで得意ではないらしく、全然通じてない時があって、その生徒さん、通じてないのに押し通そうとして、その外国人講師の方も困った顔をするものだから、途中でお節介ながら助け舟を出してしまいました。「この生徒さん、折角英語を学んでいるんだから、自分で英文を作ればいいのに…」「先生も、英語で言ってみて、って言えばいいのに…」と思いながらですが^^;

私の生徒さんはこんな風に分からない事をまるっと誰かに訳してもらうなんてしません、というか私はさせません。毎月開催している「英語でしゃべらNight」では、生徒さんが言えない事があっても私は通訳せず自分で言わせていますし、つい先日も、新しい生徒さんにレッスン中に「_____(文)って英語でなんて言うんですか?」と聞かれたので、「文章は自分で考えて下さい。自分で考えて口に出したり文にしたりアウトプットしていかないと、いつまで経っても喋れるようにはなりません。」と言ったばかりです。

また、英語の宿題や普段の自主学習で調べても分からない事があればいつでも聞いてきて良い事になっているのですが、調べたら分かる事を聞かれた事もたまにあります。そういう時は、「自分で調べましたか?」と返します。ましてやわざわざ単語の意味を聞いてきたりしたら、「私は辞書ではありません。自分で調べて下さい。」と言います。

自分で調べたり、自分で考えたりする事は、英語だけでなく何でもそうですが、非常に大切な学びのプロセスの一つですし、言語学習においては、インプットはもちろんアウトプットも非常に重要であり、インプットばかりしていても使える様にはならないのです。

もちろん、アウトプットだけでもダメですよー、インプットとアウトプットと両方!まずは基礎の文法を押さえて、その上で読む、聞く、話す、書く、全てやりましょう。

こう書くと厳しい先生かと思われがちですが、全然そんな事はないと思います。英語を上達させたいと思う人達が、時間を無駄に使わずに効率的に学べるような指導、上達を実感できるような指導を心掛けていますが、決してスパルタな訳ではなく、私のレッスンはいつもみんなニコニコ楽しく受講されていますよ^^ 飲み物飲んだりお菓子食べたりもOKなレッスンですし、ワイワイ楽しくやっています。オンラインレッスンは夕食食べながらレッスンを受けたり、職場のお昼休憩の間にレッスンを受けたり、体調が悪ければベッドで寝ながら受けても良い事になっています。例えば、風邪気味の方、腰が痛くて座っているのが辛い方等ね。結構ゆるいでしょ?

でも、「こうしたら上達するよ」「そんな事してたら上達しないよ」っていうのは正直に伝えるし、上達したいと願っている生徒さんにはちゃんと上達できるような指導をします。

大人になって、働きながら、子育てしながら、或いは介護をしながら英語を学ぶ事は、そう簡単ではありません。だからこそ、時間を無駄にしたくないと思いませんか?

だからこそ、生徒さん一人一人が、ちゃんと自分と向き合い、英語と向き合い、自分の目標に向かって真っすぐ進めるよう、私達講師は導いていかなければならないと思っています。

去年の6月にEnglish Avenueに入会した生徒さん、初歩の初歩から、超初心者のスタートだったのに、もう初中級位までいきました。彼女が、ちゃんと自分と向き合い、英語と向き合い、自分の目標を決めてそれに向かって真っすぐ進んでいるからこそ!です。私はこういう人を指導するのが得意なんです^^

Anyway、バス停事件の先生と生徒さんがどこの教室の方々かは全く知りませんし、もし知っていてもそこを名指しで批判するつもりはありませんが、やっぱりEnglish Avenueは良い英会話スクールだなぁと改めて思った一件でした(自画自賛)。

***初中級ってどれ位?と思う方もいらっしゃると思うので、目安を書きますねー。

初心者:英語学習を始めたばかり
初級:基本の文法や単語は一通り分かる
初中級:考えるのに時間がかかったり間違いもあったりはするが、英語での日常会話が出来る
中級:英語で日常会話が出来る
中上級:英語での日常会話がストレスなく出来る、考えるのに時間がかかったり間違いもあったりはするが、仕事で英語を使える、ドラマや映画等がある程度分かる
上級:英語でビジネスがストレスなく出来る、英語でドラマや映画を理解出来て、本や新聞をストレスなく読める

年が明けて、新しいこと始める!洋書一緒に読破しない?

Hello, everyone!! 今年の新たなチャレンジの一環として、ブログ更新のお手伝いをさせていただくことになりました、Yokoと申します。

金沢市在住。国際結婚で夫が英語話者のため、家庭内の第一言語は英語。ホームステイしているような日常です。カルチャーギャップによるネタは毎日豊富に湧いてきます。

facebookでは自分のタイムラインによく夫ネタ投稿していますが、こちらでも追々紹介していきたいと思いますので、お付き合いいただければ幸いです

さて、私はEnglish Avenueでは、「洋書を読む会」という月1回のリーディングレッスンに参加しているのですが、今月1月から新しいタームに入ります!新規受講者様絶賛募集のお知らせです!

月1回、第4土曜日に開催。1月は、23日11時〜12時30分ごろです。詳細は下の方に記載してあるので、確認していただけるとうれしいです。

新年明けて、新しい目標を立てるときに、洋書一冊、一年かけて読破!に挑戦!を選択肢に入れてもらえると幸せです。以下、ざっくりと内容をご紹介。

テキストは、SEX AND THE CITY (SATC)を使用してます。20年くらい前に大ブームを起こしたテレビシリーズのアレです。40代前後の女性なら知ってる方多いのではないでしょうか?

受講される方は、まずテキストであるペーパーバックと日本語版の文庫を購入していただきます。初期費用としては3000円もかからないと思います。さっきAmazonでみたらペーパーバックは新品で1500円くらいだったかな。文庫は中古で送料込み300円くらい。2000円しないじゃない?

予習で日本語訳文庫を読み、レッスンではペーパーバックをオーディブルの朗読を聴きながら読み進む、という独自のメソッドです。英検3級レベルからOKですよ。(オーディブルの朗読版購入は必須ではありません)

実際今受講してる皆様は英検3級レベル〜バイリンガルレベルまで幅広いですが、みんなでサポートしあってレッスン受けてます。

単語や表現は、なんとMirika先生が単語帳を作って受講者に送ってくださいます!わからない単語調べるだけでウンザリして挫折しちゃうんですよね。わかります。私も経験者です。わからない単語多すぎてストーリーを楽しむどころじゃない。でも、この最大難関を先生がサポートしてくださるので、グンとハードルが下がって物語に集中できる!

レッスン中は、単語帳をもとに表現などの解説のあと、各自音声を聞いて読む。読まなくても先生の話聞いてるだけで面白い。これが1〜3ヶ月目まで。4ヶ月目は受講者のみで復習会です。主に音読です。この他にも、復習会を毎月やれたら良いなー。

このSATC、私も6年くらい前にCSでやってたやつ全話見ました!恋愛ネタというか会話はほぼ下ネタなので、そういう単語や表現がどんどんインプットされてしまいましたが(あんまり日常で使えないよね) 本の方もね、そんな感じです。でも同じ単語が何度も出てくるので、いつの間にか覚えますね。(eligibleが何度も出てくるので覚えた。適任の、的確な、が意味で、作中では恋愛や結婚相手として相応しい、といった意味でつかわれてる)

ドラマは友情や恋愛などのリレーションシップをメインに進むけど、原作は人間観察をメインにテレビの数倍淡々と話が進むかな。でも気だるい感じの朗読がまたよくて…テレビとはまた違う魅力があってよいのです。

また、原書にあるエピソードが、日本語文庫版に収録されてない!(差別的な表現があるためか、まるっと削除されてました) とか、テレビ版のナレーションがまるまる原作の文章!(Mirika先生が発見)という発見もあり、けっこう面白いです。

ここまで力入れて書いたら、またSATC見たくなってしまった…と思ったら、続編制作のニュースが!これは、やっぱ原作本を読んでみないとでしょ。↓↓下のURLは、ELLE のwebサイトに飛びます。

https://www.google.com/amp/s/www.elle.com/jp/culture/celebgossip/amp35180699/sarah-jessica-parker-and-like-that-210112/

そんなわけで、Mirika先生もイチオシの「洋書を読む会」、ドロップインも可能なので、お問い合わせ&お申し込みお待ちしてます!

洋書を読む会 Online 詳細

<レッスン>
1月23日土曜日 午前11:00〜12:30ごろ
オンライン(skype)開催です

<料金>
1月、2月、3月、4月

4ヶ月5,000円
もしくは、ドロップイン2000円/1回
(English Avenueのレッスン受講されていらっしゃる方は、1500円/1回)

(レッスン前日までに指定する方法でお支払いお願いします。参加者の方に直接支払い方法をお知らせします)

4月復習会(復習会のみ参加は不可。)
時間は1時間〜1時間半程度を予定しています)
そのほか、定期的にオンライン復習会を予定してます!

グループラインを作成し、音声、単語帳等シェアしますので、お休みしても安心。グループラインでの質問も受け付けます。

【場所】
オンライン(LINE, skype)での開催になります。
参加ご希望の方は必ずメッセージかコメントで参加の旨おしらせください。

【レッスン内容】
レッスン前の事前準備として、レッスンで使用する本の日本語版の指定のページを読んできて頂きます。
レッスンでは、まずはストーリーや本文中で使われる単語や表現の解説をライブで行います。
その後、各自でMirika作成の単語帳を見ながら、音声を聞きながら読んでいきます。
その後フレーズや単語等分からないところがあればLINEグループで質問を受け付けます。

単語やフレーズは、英語圏の文化にも触れながら解説します(文化を知らないとピンとこない表現などもあるので)。

注文したもののレッスンに配送が間に合わない場合や、本の購入のことなどご相談にのりますので、まずはお問い合せ下さい。

<使用する本>
Sex And The City / Candace Bushnell(原作)
Sex And The City (翻訳本)

10年程前に一世を風靡したNYの大人の女達のドラマ「SEX AND THE CITY」の原作です。元々は著者のキャンディスがNYのリアルな恋愛事情を追いかけたコラムなので、ドラマよりもリアルだし、読みやすいです。ドラマや映画の様な派手さはないかもしれないけれど、実話だからこそ刺激的でより共感できます。
レッスン前には日本語を読んでくる事を宿題に出しますので(何ページから何ページまで、と指定します)、書籍は購入をお願いしています。

下はfacebookのイベントページのリンクです。

https://fb.me/e/1Q7t2s9Xs

英語のYes/Noの答え方、付加疑問文、否定疑問文の作り方

*以下の記事は、以前私がEnglish Hackerというサイトでライターとして英語学習者向けの記事を書いていた時のものです。English Hackerサイトで、何故か私が書いた内容そのままでライター名が変わっていました。コピペで他サイトに盗用された訳ではなく、同じサイト内ですので、恐らくEnglish Hacker社が意図的に行っている事だと思われます。代表の佐々木氏に抗議する事も考えましたが、揉めている時間がもったいないですし、それは辞めます。ですが、元々私が書いた記事ですので、English Avenueのサイトに転載する事にしました。ライターさんが加筆した、修正したところは変えて、そして元々書いてあったのに消された箇所は新たに加えて、こちらに転載します。

英語のYes/Noの答え方

英語を学習する日本人がついやってしまう間違いの一つに、Yes/Noの答え方があります。恐らく多くの日本人英語学習者が一番最初に覚える英単語のうちの二つだと思いますが、単純に、日本語の「はい」「いいえ」を訳して“Yes”“No”で答えると、言いたい事とは正反対の答えに受け取られてしまう場合があるので、注意が必要です。

様々な質問の作り方と答え方を学びましょう。

付加疑問文の作り方

肯定文, be 動詞 の否定形+代名詞

That car is cool, isn’t it?(あの車かっこいいね。)

肯定文には、否定の付加疑問が続きます。文中にbe動詞があるときには、be動詞を否定形に変え、主語を代名詞に置き換えたものを続けます。
複数形なら “aren’t+代名詞”、過去形なら “wasn’t / weren’t+代名詞” となります。

肯定文 , 助動詞の否定形+代名詞

John lives around here, doesn’t he?(ジョンはこの辺りに住んでいるのよね。)

be 動詞を使わない肯定文は、疑問文を作るときに用いる助動詞を否定形にして後ろに続けます。“John lives around here.” を疑問文にすると、“Does John live around here?”(彼はこの辺りに住んでいるの?)となりますので、“does” を否定形 “doesn’t” に変え、“John” を代名詞 “he” にして “doesn’t he?” とします。
“You called him, didn’t you?”(彼に電話したよね。) や、“She has already gone, hasn’t she?”(彼女はもう行っちゃったよね。)など、時制や主語の形(単数もしくは複数)により、後ろに続ける助動詞を変化させます。

否定文 , be 動詞 / 助動詞+代名詞

Your husband doesn’t smoke, does he?(ご主人はタバコを吸わないのですよね。)

否定文には、肯定の付加疑問が続きます。文中に “doesn’t” が使われていますので、カンマのあとに “not” を取った形の “does” 、そして “your husband” を代名詞で表した “he” を置きます。時制や主語の形を確認し、用いる助動詞を変化させましょう。

“not” が使われていない否定文

You have never been to Tokyo, have you?(東京に行ったことはないのよね。)

“isn’t” や “don’t” といった否定形は使われていませんが、代わりに “never”(決して~ない)という否定を表す単語が入った文です。このような文を付加疑問文にするときには意味を考え、後ろに肯定の付加疑問を続けます。
“never” の他に、“no” “nothing” “nobody” “hardly” “seldom” “few” “little” などの語が文に含まれているときには、肯定の付加疑問が置かれます。

“I am” から始まる文

I’m right, aren’t I?(私は正しいよね。)

be 動詞 “is” の否定の短縮形は “isn’t”、“are” は “aren’t” ですが、“am” は “amn’t” にはなりません。「私は正しくない。」という文を短縮形を使って表現するときには、“I’m not right.” となります。
文法的には “I’m right, am I not?” と言っても間違いではありませんが、この形が使われることは滅多になく、口語では “aren’t” を使った “aren’t I?” をカンマの後ろに続けます。

命令文

Turn down the TV, will you?(テレビの音量を下げてくれる?)

命令文には “will you?” の他、“would you?” “won’t you?” “can you?” “could you?” “can’t you?” を続けることができます。ただし、“Don’t run.”(走らないで。)のような否定の命令文を付加疑問文にするときには、“will you?” のみが続きます。(“Don’t run, will you?”)

依頼

You couldn’t lend me your book, could you?(あなたの本を貸してはいただけませんよね?)

「否定文+肯定の付加疑問」の形で、誰かに何かを依頼することもできます。
また、たとえば “You haven’t seen my key around, have you?”(この辺りで私の鍵を見ていませんよね?)のように、必要な情報を手に入れたいときにも、同じく「否定形+肯定の付加疑問文」で尋ねることもあります。

“Let’s” から始まる文

Let’s go swimming, shall we?(泳ぎに行きませんか?)

“Let’s” は「~しよう」と勧誘や提案を表す語です。“Let’s” から始まる文を付加疑問文にするときには、後ろに “shall we?” を続けます。付加疑問文にすることで、丁寧な言い回しとなります。

“There is (are)” 構文

There is something wrong with this machine, isn’t there?(この機械、調子が悪いわね。)

“there is (are) ~ .” は後ろに名詞を続けて、「~がある」「~がいる」を意味する表現です。例文の意味上の主語は “something” ですが、付加疑問文にするときには、“isn’t it?” にはなりません。“there is (are)” から始まる文は、“isn’t there?” もしくは “aren’t there?” の付加疑問が続きます。“There isn’t (aren’t) ~ .” の否定文には、“is there?” “are there?” です。

主語が “something” “nothing” のとき

Nothing has happened, has it?(何も起きてないよね。)

主語が “nothing” または “something” の文を付加疑問文にするとき、代名詞は “it” を使います。付加疑問は、肯定文なら「be動詞 / 助動詞の否定形+ “it”」、否定文なら「be動詞 / 助動詞+ “it”」です。
例文は、主語の “nothing” が否定を表す語のため、後ろには肯定の付加疑問が続いています。

主語が “somebody” “nobody” “everybody”のとき

Nobody knows about it, do they?(誰もこのことを知らないでしょうね。)

主語が “somebody (someone)”  または “nobody (no one)” “everybody (everyone)” 文を付加疑問文にするとき、代名詞は “they” を使います。通常 “somebody” “nobody” “everybody” は単数扱いとなり、“Nobody knows ~ .” のように動詞に “s” がつきます。その流れで、付加疑問文にするときに “doesn’t he?” と続けてしまわないように気を付けましょう。

イントネーション

付加疑問文は、イントネーションによって意味合いが変化します。


文の最後を上げて尋ねると、「彼は車を運転するような気がするけれど、どうだったかなぁ」と、確信のない情報を相手に確認する意味合いを含みます。


文の最後を下げて尋ねると、彼が車を運転することは知っているけれど、相手に「そうだよね」と確認したり同意を求めたりすることができます。

否定疑問文の作り方

“You are good at English, aren’t you?”
“You aren’t good at English, are you?”
これらの質問に答えてみましょう。日本語に訳すと「あなたは英語が得意ですよね。」「あなたは英語が得意ではないですよね。」となりますが、答えるときには注意が必要です。

どちらの質問に対しても、英語が「得意」なら “Yes”、「得意ではない」のなら “No” です。日本語だと「あなたは英語が得意ではないですよね。」と尋ねられたら、「いいえ、得意ですよ。」と答えます。「いいえ」という言葉にひっぱられ、“No” と口にしてしまいそうですが、英語の答え方は違います。
付加疑問文は、特にイギリスで頻繁に使われます。付加疑問文は、作り方を頭では理解していても、実際に口に出せるようになるまでには慣れが必要です。簡単な文から少しずつ練習していきましょう。

「おなかすいていないですか?」という質問”Are you hungry?”に対して、「はい、すいていません」というような答え方をしたい時の返事は”Yes I am”か”No I’m not”どちらでしょうか?日本語の感覚で考えると非常に紛らわしいYes/Noを使った英語の返事について、見て行きましょう。

  • “You are good at English, aren’t you?”
  • “You aren’t good at English, are you?”

これらの質問に答えてみましょう。日本語に訳すと「あなたは英語が得意ですよね。」「あなたは英語が得意ではないですよね。」となりますが、答えるときには注意が必要です。

どちらの質問に対しても、英語が「得意」なら “Yes”、「得意ではない」のなら “No” です。日本語だと「あなたは英語が得意ではないですよね。」と尋ねられたら、「いいえ、得意ですよ。」と答えます。「いいえ」という言葉にひっぱられ、“No” と口にしてしまいそうですが、英語の答え方は違います。

付加疑問文は、特にイギリスで頻繁に使われます。付加疑問文は、作り方を頭では理解していても、実際に口に出せるようになるまでには慣れが必要です。簡単な文から少しずつ練習していきましょう。

否定疑問文の作り方

Didn’t you go to the party last night?(昨晩パーティーに行かなかったの?)

Can’t you just sit still? (ちょっと位じっと座っていられないの?)

否定疑問文は、”Do you__?”を”Don’t you__?”に、”Is it__?”を”Isn’t it__?”に変えるだけ、つまり最初を否定の形にするだけで作れます。「~じゃないの?」「~できないの?」「~しないの?」「~しなかったの?」という感じのニュアンスになります。

例文の、”Didn’t you go to the party last night?(昨晩パーティーに行かなかったの?)”は、質問をしている話し手は相手がパーティーに行ったと思っていたのに行っていない様子だったので確認のために聞いていますね。”Did you go to the party last night?”と聞くと「昨晩パーティーに行ったの?」になるのですが、否定疑問文にする事によって「あれ?行っていないの?」というニュアンスを含めています。

二つ目の例文は、例えばじっと座っていられない子どもに対して使っているイメージです。”Can you just sit still?”と普通の疑問文で聞くと、「じっと座っていてくれる?」と聞いている文になり、弱いですが、”Can’t you just sit still?(ちょっとじっと座っていられないの?)”と否定疑問文にする事によって強く、また、じっと座っていられない事を注意している様なニュアンスを含む事が出来ます。

Yes/Noの答え方

日本語の感覚で考えると非常に紛らわしいYes/Noを使った英語の返事について、見て行きましょう。

“You are good at English, aren’t you?”
“You aren’t good at English, are you?”
これらの質問に答えてみましょう。日本語に訳すと「あなたは英語が得意ですよね。」「あなたは英語が得意ではないですよね。」となりますが、答えるときには注意が必要です。

どちらの質問に対しても、英語が「得意」なら “Yes”、「得意ではない」のなら “No” です。日本語だと「あなたは英語が得意ではないですよね。」と尋ねられたら、「いいえ、得意ですよ。」と答えます。「いいえ」という言葉にひっぱられ、“No” と口にしてしまいそうですが、英語の答え方は違います。

英語でYes が「いいえ」No が「はい」の返事を区別するポイント

日本語の「はい」「いいえ」の感覚

「明日は天気は良くないのでしょうか。」「いいえ、天気は良くなるみたいですよ。」
「明日は天気良くないのかなぁ。」「ううん、天気良くなるみたいよ。」

「明日は天気が良くない」に対し、その情報が正しいのか、または間違っているかで、返事をしています。「明日の天気は良くない」は、間違った情報ですので、「いいえ」「ううん」と答えています。

「土曜日のパーティーにはいらっしゃらないのですか?」「そうなんです、土曜日用事があっていけないんです。」
「土曜日のパーティー来ないの?」「うん、用事があって行けないの。」

こちらも、先述の文と同じく、「土曜日のパーティーには来ない」という情報に対して、その情報が正しいのか間違っているのかで返事をしています。「パーティーに行けない」ので、その情報は合っています。ですので、「そうなんです」「うん」と答えています。

日本語の「はい」「いいえ」の答え方は、〇×クイズ、True or Falseクイズの様な感覚です。

英語の“Yes”“No”の感覚

次に、英語のYes”No”の感覚を整理してみましょう。Tag question(付加疑問文)を使ってみます。

It won’t be sunny tomorrow, will it? – Yes, it’ll be fine.「明日は晴れないんですよね?」「はい、晴れます」
You’re not coming to the party on Saturday, are you?  – No, I’m not.  I wish I could.「土曜日のパーティーは来れないんですよね?」「いいえ、行けません。行けたら良かったんですが。」

日本語と英語の感覚の違い、分かりましたか?英語は、その情報に対し、それが合っているか間違っているかで返事をするのではなく、答えが肯定文ならYes、否定文ならNoと答えるのです。この場合は、“It’ll be sunny.”は肯定文なので“Yes”となり、“I’m not coming to the party.”は否定文なので“No”となります。

英語は質問に関係なく自分の状況でYesかNoが決まる

日本語と英語の考え方の違いから見ていきましょう。

【日本語の場合】
「お腹すいてる?」…「いいえ、すいていません。」
「お腹すいてないよね?」…「はい、すいていません。」

質問したことが「その通り」という意味で「はい」と答えますよね。では、英語の場合はどうなるのでしょうか。

【英語の場合】
“Are you hungry?(お腹すいてる?)” …”No, I’m not.(いいえ、すいてません)”
“Aren’t you hungry?(お腹すいてないよね?)”…”No, I’m not.(いいえ、すいてません)”

実は英語では自分の気持ちに対して「はい」、「いいえ」と答えますので、どちらの質問もおなかがすいていないなら”No, I’m not.”となるのが最大のポイントですね。

否定疑問文・付加疑問文の返答練習問題

もっと簡単な文で練習してみましょう。以下の質問に対して、自分の答えを考えてみて下さい。かっこの中の日本語訳は、その英語のニュアンスです。日本語訳につられずに考えて下さいね。

  • Do you like cats? (あなたはネコが好きですか?)
  • Don’t you like cats?(あなたはネコが好きではないのですか?)
  • You like cats, don’t you?(あなたはネコが好きなんですよね?)
  • You don’t like cats, do you?(あなたはネコが好きではないんですよね?)
  • You like cats?(ネコ好き?)
  • You don’t like cats?(ネコ好きじゃないの?)

上記の質問は、日本語のニュアンスは違いますが、全て、「ネコが好きかどうか」を尋ねている文です。答えが“I like cats.”(ネコが好き)肯定文なら“Yes”となり、“I don’t like cats.”(ネコが好きではない)否定文なら、答えは“No”となります。

もう一つ練習してみましょう。

  • Are you Japanese?  (あなたは日本人ですか?)
  • Aren’t you Japanese?(あなたは日本人ではないのですか?)
  • You’re Japanese, aren’t you?(あなたは日本人ですよね?)
  • You’re not Japanese, are you?(あなたは日本人ではないですよね?)
  • You are Japanese?(日本人?)
  • You’re not Japanese?(日本人じゃないの?)

上記の質問は、ニュアンスの違いはありますが、全て、あなたが日本人かどうかを尋ねています。ですので、日本人なら“Yes”、日本人でないなら“No”となります。

否定疑問文、付加疑問文、Yes/Noの答え方は慣れてしまえば簡単

どうしても自信がなければ、“Yes”“No”で答えずに、文章で答えるという事も出来ます。「日本人かどうか」の質問に対して、“I’m Japanese.”「日本人です」と答えればいいのす。ですが、それだと、自分が質問に答える場合にはなんとかなりますが、他の人が言った“Yes”“No”の解釈を間違ってしまう場合があります。

英語のYes/Noの感覚は、慣れてしまえば日本語よりも簡単です。是非練習してYes/Noの感覚をマスターしてNotがついた否定疑問文や付加疑問文もスムーズに答えられるようにましょう。

photo by Inami Inamiさんのプロフィール|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (photo-ac.com)

Happy New Year! (おまけの英語レッスン付き)

Happy New Year!
May this year be brighter, happier and more fruitful for all of you!

明けましておめでとうございます!
この一年が皆様にとって明るく幸せで実り多いものとなりますように。

Photo by Inami
https://www.photo-ac.com/profile/2811702

2020年、激動の一年でしたね。多くの人にとって人生が変わってしまう様な年だったと思います。

実を言うと、コロナ禍は、私の生徒さん達には非常に良い影響を与えました。
パソコンやスマホが苦手だった人がオンラインで学べる様になったり、コロナで時間が出来たからこそ学びに集中したり、新しい事に挑戦したり。

English Avenueは、10年以上前から少しずつ少しずつオンライン化していまいたが、私が慣れていたお陰で今までオンラインで学んだ事がなかった方々に教える事も出来て、皆さんスムーズに移行できました(なので、3月4月頃は半分パソコンやタブレットの先生と化していましたw)。私がオンライン化に取り組んでいた理由は、いずれ私は沖縄に拠点を移したいため、また、旅をしながら仕事をしたいためであり、私がどこにいても、生徒さんがどこにいても、レッスン出来る様にしたかったからで、決してこういう事態を予測していた訳ではないのですが、思わぬところで良い結果を産みましたね。周りには「時代を先読みしていたんだねー」なんてよく言われました。えへへ。

English Avenueでは、英語サロンが始まった事、グループレッスンが全て対面とオンライン平行になった事(「洋書を読む会」はオンラインのみに変更)、オンラインレッスンの受講生が増えた事に加え、生徒さん達が無料で参加できる「自主学習応援グループ」と「英語おしゃべり会」、また、英語を使ってボランティアをするグループや、「洋書を読む会」では復習ペアが生まれました。

「自主学習応援グループ」は、生徒や講師間で、学習のアドバイスや報告をしあい、励ましたりする会で、30日チャレンジ等にも取り組み、生徒さん皆さんお互いに良い刺激を与えながら頑張っています。お勧めの動画、サイト、教材等をシェアしたりもしているし、生徒間で教え合う事もあります。

そして、他のスクールにはないEnglish Avenueの大きな魅力となった新しい活動として、「英語おしゃべり会」があります。コロナ禍で英語でしゃべらNightをお休みしていた間に立ち上がった会ですが、予想以上に盛り上がり、今も継続しています。やり方はいたってシンプル。生徒さんは誰でもホストになれて、「〇月〇日の△時からおしゃべり会をします」と告知し参加者を募るだけ。もちろん、生徒さん誰でも参加できます。突発的に「今日の△時から」とホストする事もOKで、最小決行人数は2人なので、自分の空いた時間に気軽に開催、気軽に参加できるんですよね。今では週に何度も開催されています。

「洋書を読む会」の復習ペアは、レッスンがオンラインのみで、配信スタイルになり、更に元々は中~上級者しかいなかったのが初~中級のメンバーも加わったため、「復習ペア」を作り、レッスン以外にも生徒同士で一緒に学べる様なスタイルにしました。この「復習ペア」というシステムが予想以上に良くて、一人ではなかなか出来ない復習を誰かと一緒にやる事で、より楽しく、より深く学べる様になりました。

英語を使ったボランティアのグループは、NGO翻訳グループと、絵本読み聞かせグループです。

NGO翻訳は以前もしていたのですが、去年は初めて全てオンラインで行いました!ボランティアで参加して下さった生徒の皆様がお互いに助け合いながら翻訳して下さったお陰で、かなりスムーズにできました。

絵本読み聞かせの活動は今年から始める予定ですが、メンバー募集を去年しました。本当は慰問等したいのですが、まだまだ出来そうにないので、まずは「英語でしゃべらNight」に来た子ども達に絵本を読んだり、English Avenueのキッズイベントで読んでもらったりしたいと思います。オンラインでやってもいいなぁと思っています^^

「英語でしゃべらNight」も2、3か月お休みしただけで復帰していますし、開校当初から行っている絵本や教材の貸し出しも継続、以前から行っているスタッフによる英語学習情報配信、秋にはピクニックや遠足もしましたので、オフラインでもオンラインでも英語に触れる機会は豊富にあります。

レッスン以外にもスピーキングの練習をしたり、共に学ぶ仲間がいたり、大好きな英語を使ってボランティアをしたり。これらのレッスン以外のサポートや活動は全て無料であり、参加は自由です(英語でしゃべらNightは場所代程度頂いています)。これだけの事を無料で提供する英会話スクール、他にないのでは?!と思います。

もちろん、コロナで仕事を失ってしまった生徒さん、まだ外出に制限がある生徒さんも多くいますし、お金を貯めて仕事を辞めて留学したのにコロナで留学先からほぼとんぼ帰りになり仕事とお金を失った生徒さんも…。なので、良い事ばかりだった訳ではありません。

オンライン化の充実、無料サポートの充実も、この様な生徒さん達のために出来る事はしてきたつもりですが、まだまだ私達に出来る事があると思うので、講師、スタッフ一同、2021年は更に頑張っていきたいと思います♪

2020年は一年間まるっと子どもの対面イベントをお休みしていたのですが、2021年春から復活します!今年から、キッズイベントは全てCarly先生に企画、運営をお任せします。Carly先生は、NYで保育の仕事を二年間した経験があり、また、去年、オーストラリアの大学の、早期フォニックスのコースを修了しています。自身も二児の母であり、そんなCarly先生だからこそ、安心して任せられますよね!子ども達にもっともっと英語を楽しんでもらえるように一緒に頑張りますので、宜しくお願いします。

そして、実は、オンライン&対面並行の新設クラスが2つあります。Jazzy English(ワイワイ英会話) & Chill Out English(リラックス英会話)です!どちらのクラスも既に参加決定している方が数人います。まだレッスン紹介には書いていませんが、ぼちぼち紹介していきますので、宜しくお願いします^^ (お問い合わせがきた場合にはお知らせさせて頂きます)

2021年、素晴らしい一年になる予感しかない★

今年も宜しくお願いします!!!

おまけの英語レッスン↓

「明けましておめでとうございます」は”A Happy New Year”ではない?!?!(30秒英語講座、Mirikaブログより) – YouTube

Mirika

Hello 2021. Happy New Year!

Hi, Masaです。

明けましておめでとうございます。昨年も引き続きブログスタッフとして記事を書かせていただき、English Avenueの皆さまにはお世話になりました。私に余裕がある限りは、今後もぼちぼちと更新していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします(^^)

 

ミートファクトリーは31日も仕事で、年越しも職場ででした(^_^;)日付が変わった瞬間、ボスが”Yeah happy new year mate!”と大声でこっちを見てウィンクしてきたので、私も”Yeahhh happy new yearrrr!!”と体育館くらいの広さのルームで叫ぶと点在してる他のワーカーも”Yeahhh”やら”Huuuuu”やら負けじと叫ぶみたいな、軽くヤケクソみたいな新年祝い叫び合戦になりました笑(ちなみに私が一人だけが狂っているわけではなく、いつもみんな”Huuu”とか”Yeah mate~~!!”とかって時たま連呼し合うタイミングがあります。プチ体育会系なのか、深夜のテンションでおかしいのか、夜勤は人をどこかおかしくするのかもしれません笑)

さて私の2021年の目標というか、方針は、「没頭する」です。英語だと”get absorbed in”でしょうか。ちょっとこのあいだ、今までの自分の人生を振り返ってみて、物事がうまくいった時、というか取り組んだ事、準備したことが痛快に結果に反映されて、それが自分を内面から心地良く、気持ち良く感じてさせてくれた時のことを思い出したんですよね。だいぶ遡るんですけど、それは高校1年生の冬の、学年最後の大きなテスト。あとセンター試験の時でした。

高校1年生の方は当初父親に強制的に強いられていましたが(^_^;)、あの当時は文字通り没頭して学習に取り組んでいて、自分で学習するのが習慣になり、その習慣の中にいるのが心地良いと感じていた記憶があります。今まで誘惑と思っていたものはもはや誘惑ではなく、やるべきこと=優先してやりたいこと。非常に生産的な時間でした。ルーティンをこなす過程で、自分が成長しているのを実感するのはちょっとした快感に似たものがありました。

振り返ると、あれらの時期の経験が英語に対する自信、英語が好きという気持ちのベースになったことは間違いないですね。まあ、言うてそんな飛び抜けた結果は残してないんですけど(^_^;)笑

 

今後自分の成長を意識する上で、自分の経験からするに「没頭」しかないんだろうなと20代が終わった今になって、遅ればせながらようやく悟りました(^_^;)没頭する中で圧倒的に時間量を確保し、それがとにもかくにも振り返ると成長と言い表される状況になっているんだろうなと思います。

高校生の時もですが、自分がそんな境地にいると自信もつくし、巡り巡って素敵な出来事が起きてくれる気がします。

もう今までとは違う世界になってしまった2021年。

このパンデミックで特に言われるようになったアジア人への差別のように(私も1度この町で言われました)、今までは水面下にあったものが今後姿を現わす。また、今まで僅かにあった格差や物事の傾向が今後顕著になる。2021年はそんな年になる気もします。だからこそ、それを乗り越えていく力を付け、現実を見ながらそれらのプロセスを楽しんでいきたいです。

 

日本はここに来て急激に感染者が増えて心配ですが、体調に気をつけて、逞しく乗り切っていきましょう!

皆さんが過ごすこの1年が、素敵なものになることを心から祈っています。

See you later.

今週末は年内ラストのしゃべらnight!

Hi, Masaです。早いものでもうすぐクリスマス、そして2020年が終わりを迎えようとしています。信じられません(^_^;)

今週末が2020年最後のしゃべらnightになるんですね。私は参加出来ませんが、自然と英語を話すチャンスなので、予定が合う方はぜひ参加されると良いかと思います!会話力はやはり会話をしないと伸びませんからね(^_^;)そして一人だけでなく色々なアクセントを持つ人、色んな国籍の人とゆったりと楽しく話せるのがしゃべらnightの魅力だと思います。

 

さて、そして今回のしゃべらnightでは、Katsさんがフィリピン留学に行かれていた時からのご友人で、現在国内留学(大阪、泉佐野市にて)を運営されいるやまひろさんという方が大阪から見えられるそうです。

HPを拝見しましたが、現在留学に行けない状況の方のためにもということで、実際に留学に行くのになるべく近い形を国内で実現したような感じですね。

私の解釈を簡単にまとめると、

・大阪、泉佐野市の古民家をリノベーションしてその中に学校、住まい、コミュニケーションの場を設けた感じ

・講師の方はフィリピン人の経験豊富な先生が多そうで質は高そう

・1:1はPCを使ってオンラインで(おそらくフィリピン在住のフィリピン人講師と)、グループレッスンはこちら在住のフィリピン人講師+日本人講師と直接

・そんなに敷地が広大という訳ではないので大人数にはならず、少人数になりそう。ただ個人的には少人数でアットホームな方が好きなので、自分のフィリピン留学の経験からしてもその方が仲良くなれるので良さそう

 

といった感じですね。

ただやっぱり行ってみないと分からない点は多いと思うので、国内のメリットとしてとりあえず超短期で体験してみるのもアリかなと感じました。最短で1泊2日プランがあるようなので、週末の土日なんかを利用してまず体験してみる、というのができるのはGoodですね。やっぱり国外だと、せっかくなら1週間、2週間とかになりますからね。

English Avenueの誰かと一緒に体験、というのも面白いかもしれませんね(^^)

<個人的に向いていそうだと思った人>

・海外に「留学」というとハードルが高いけど、まずここで留学というのがどんなものなのか経験してみたい人

・物理的に留学に行きたいが、行けないという人

・普段と環境をガラッと変えて、新しい出会いの中で刺激を受けて自分の学習目標、学習方法など見直したい人

個人的な印象だと、英語合宿要素が強いのかなと感じましたが、それにしても普段English Avenueでは会わない、初めて会う色んなバックグラウンドを持つ学習者と一緒に勉強するというのは、留学っぽいなと思いましたね。

しゃべらnightnにいらっしゃるということなので、私だったら、例えば授業外の先生と一緒にやるアクティビティがどこまでのボリュームであるのかよく分からなかったので、その内容や頻度、先生と授業外で話す機会はあるのかどうか。参加される生徒さんの年齢層やレベル、リピート割合なんかを、直接やまひろさんに聞いてみたいですね(^^)

 

なんにせよ、1泊2日ならとりあえず体験として行ってみたいですね(^^)

一応HPのリンクを貼っておきますね。↓

ECヴィレッジとは?

そして同日、Katsさんの英語ラテアートがまたありますので、そちらも予定が合う方はぜひ参加してみて下さい♪

それではまた(^^)

See you later!

久しぶりにMeetup参加してきました!(オンラインにて)

Hi, Masaです。

たった今Meetupを終え、興奮冷めやらぬ内にブログに書きたいと思います(^^)笑

前回Meetupに参加したのはもう半年以上前、オーストラリアでですが、最近ゆっくり英語をin personで話す機会をもっと沢山持ちたい!と思い、language exchangeアプリで探してみたり、Facebook探したりしてたんですが全然良い機会がなく。

そんな時にMeetupを思い出し調べてみたら、シドニーなどの大都市ではあるんですけど近場では全くないんですね(^_^;)「・・・無いかあ~、こうなったら自分で企画しようかな」とか考えていた矢先、見つけました、オンラインでのイベント。zoomで話すので世界中どこにいても参加できるし、しかも頻繁にやっているようで。更に1日に何度も。

例えば今日だと、夜7時~朝2時半まで40分刻みで開かれてるんですよね。心ゆくまで喋れる感じでした。

 

そもそもこれを主催している方が日本人なので、日本語/英語のlanguage exchangeをするトークルームと、英語だけのトークルームの2種類あり、最初の3回は日本語/英語の方で参加して、最後の1回は英語のみの方に参加しました。トータル2時間半くらい参加してましたね笑

 

最初の3回は、正直予想していた通りというか、日本人私含め2人とインド人、ウクライナ人、中国人、といった感じで、ネイティブはいませんでした。でもみんなかなり英語力が高く、中国人の方に至っては英語も日本語もほぼネイティブレベルでしたね。

40分×3回して、最後に英語のみに参加して終わろうかなと軽い気持ちで参加したら、英語ルームはメンバーが全員ガラッと違っていて、しかもほぼ全員ネイティブ、しかも色々な国の人がいてビックリ(^_^;)

 

システムとしては、最初時間になったらみんな続々参加しだして、全員参加したかな?というタイミングでホストの方(その人は参加はせず)が1ルームにつきバランス良く3~4人になるよう、別々のトークルームに振り分けます。私が振り分けられたのはカナダ人1人、イギリス人1人、ロシア人1人との4人ルーム。

私以外はみんないつも参加しているようで、顔なじみの中に入る感じなので余計緊張しました。というか、英語のみのコースはいきなりレベルが跳ね上がった感じで正直ビビりました(^_^;)

例えるならば、顔なじみの福井、沖縄、大阪出身者が日本語で喋っている中に、日本語勉強中のアメリカ人(日本に留学中)が飛び込むようなものですよね笑

聞き取りも急激に難易度が上がって焦りましたが、6~7割内容がなんとか理解できたので会話にかろうじて食らいついていったという感じです。これがオーストラリアに来たばかりだったら多分詰んでただろうなと思います汗

 

基本的に会話を進めていくのがイギリス人の方だったんですが、最近ちょうどイギリス英語をよくYouTubeやNetflixで聞いていたおかげか、少し耳慣れしていて良かったです。今までイギリス人と話す機会ってほぼ無かったですし、ずっと動画で映像を観ていただけのイギリス英語を、こうしてオンラインで生で聞けて直接イギリス人と会話で話せてめちゃめちゃ新鮮で楽しかったですね。かっこよかったな~、Britishアクセント(^^)

やっぱりホストが日本人だからか、割と日本人も普段来るからでしょうね。リスニングやスピーキングがいまいちな私にもすごくあたたかい感じでしたし、話題もちょくちょく日本寄りにしてくれて優しかったですね。

4人とも男性でしたし、最初自分のことを紹介する流れの時に、「最近エマワトソンの動画をよくYouTubeで観ているのもあって、イギリス英語めっちゃ聞いてるからイギリス人と話せて嬉しいよ。エマワトソンの動画ならいくらでも観れちゃうよねー」って言ったら3人にすごいウケてて、やっぱり男子共感ポイントなのかなと思って面白かったですね笑

でも彼曰く、ちょっと政治寄りな発信が多くなってきてからあまり観てないそうです。そういうのも、その国のリアルな一意見を聞けて面白いですよね。

 

英語圏に1年住んでいますが、この今の田舎町に住み始めてもう10ヶ月ほど。普段会話するのは福井弁並にオージースラングばりばりのオーストラリア人か笑、英語ネイティブじゃない韓国人、フランス人、日本人(日本語)、あと最近入ってきたネイティブのカナディアン(一気に新鮮みが出て、とても嬉しい笑)と、英語圏ながらもかなり偏った環境ではあるので、今日のオンラインMeetupはすごく新鮮で、これならオーストラリアじゃなくても日本にいても出来るやん!ということでブログに書こうと思いました(^^)

このコロナ禍で大変なことばかりですが、こういうオンラインでの様々なイベントが増えてきているのは、良いことでもあるなと実感しました。今までは難しかった、色んな英語アクセントに触れるというのがより身近になってきているし、英語力アップに重要なことだと思いますしね。まさに世界中の人と今日会話しましたから笑

モチベーションもまた一段と高まりましたね。

 

留学はハードルがまだまだ高い状況ですが、一方でお金をかけない、オンラインで出来ることが以前と比べ増えてきているのでその一つとして、今日は自分の体験をシェアさせて頂きました。

English Avenueでも英語でおしゃべり会が頻繁に開催されているので、普段参加されていない方も、ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか?この気軽な、参加ハードルの低いおしゃべり会を利用しない手はないと思いますね。

やっぱり全くメンバーも知らない、初めてのオンラインの英語イベントは緊張するしハードルが高いかもしれませんが、English Avenueのであれば知っている人もいますし共通点も多いので、オンライン慣れするのにも最適じゃないかと思います。

それでは今日はこんなところで。See you later!

A year has passed since I arrived in Australia.

Hi, Masaです。

早いもので、オーストラリアでのワーキングホリデーをスタートして、1年が経ちました!

 

ざっくり振り返ってみると、

着いて生活を始めたばかりの頃は、慣れないことばかりでこっちの勝手も分からず、家探し、仕事探し、オーストラリアでワーホリをする上で申請しないといけない行政関係の手続き(日本と違い電話する必要すらなくすべてオンラインで簡潔するので、シンプルで助かりました!)など、すべてに戸惑いましたが、人間やはり順応できるもので、やがて慣れていきました(^^)

ビザを2年に伸ばす計画はしていましたが、どこで何の仕事をしてビザ延長の条件をクリアするのかが課題で、当初は今後オーストラリアのどこに引っ越していくのか、転々とするのか、ある程度ひとつの箇所に腰を下ろすのか、自分にとってのベストが分からず、手探りの状態でネットや知り合いから情報を集めつつ動いていった結果、今のミートファクトリーに行き着き、条件を満たしオーストラリア滞在ビザを延長。そして延長後も引き続き働き続けることになりました。

従来であればワーホリビザの我々は、一つの雇用主の下で最大半年までしか働けないのですが、このコロナ下で政府がその制限を解除、田舎のミートファクトリーやファームであれば期間は問わないことになりました。やはり一つの場所である程度落ち着きたかった自分にとってはありがたい展開となりました。

 

1年というのはかなり先の未来のことのようでしたが、迎えてみると早いものでしたね。当初抱いていた英語力の伸びに対する期待ということに関しては、正直な体感としては”微増”(^_^;)一日一日の積み重ねが結果を生む、ということに尽きるなとしみじみ痛感。こうすれば伸びると分かっていることを、日々やっていないからそれがそのまま今の英語力に現れているなと感じています。(自戒を込めて書いていますが(^_^;))

日常生活の中で英語を話す機会があること、続けさせてもらっているコーチング、NetflixやYoutubeを英語で観る、といった積み重ねで少し伸びてきているかな、という感じですね。同じ期間をオーストラリアで過ごしたと思うと改めて、Katsuさんは相当こっちで努力されたんだなとも思います(^_^;)

 

ただ色々なことがあった分、日本にいた時より猛烈に濃く、充実した1年を過ごすことができたのは間違いなく、気付かない内に、よりタフになり、またポジティブになった実感があります。そこは成長したかなと思いますね(^^)

 

一日一日、短い時間でも少しでも、自分の成長に繋がることをするのが最近の自分のテーマです。1年後、この時期を振り返った時に2年目は1年後の反省を踏まえてやってこれたと、自分に胸張れる1年にしていきたいと思います。

このブログも、全部英語で書かせてもらうくらいの気持ちでやってもいいのかもしれません笑

 

・・・ちょっとこれはかなり個人的な見解で、深夜の勢いで自分に再度言い聞かせるためにも書いてみます。もしあれでしたら無視して頂ければと思うのですが(^_^;)笑

自分が出来ているかは置いておいて(^_^;)、この1年で自分の中で一つ確信したことが。時間が経つのは本当に早く、何かを選択しないといけないタイミングは大なり小なり頻繁に訪れます。(特に外国人として海外で暮らすとより一層)ちょっと自分の尺度で、抽象的ですが大きく3つに分けてみました。

↓ ↓

①心の奥底で切望している、実は一番目指したいこと(難易度は高く、叶えるのが厳しいのは明白。明らかに周到な継続した努力が必要。しかもそれでも叶うかは不透明。ただもし実現できれば今後の自分のキャリア、経験、収入全てに大きくプラスになり、抱えている課題もすべて払拭できる)

②比較的実現可能そうなこと(今の自分の実力で、行動さえしていればなんとか手の届く範囲。ある程度課題もクリアできるが自分の目指す将来にさほど活きては来なさそう)

③最低限のルーティーン、現状維持(努力無しででき、やり慣れていて行動に全く抵抗がないこと。当然自分に身になることがないので将来的に何も活きてこない)

 

今までであれば、もし仮に上記の3つの選択肢があるのなら、②と③を選択してきていました。それは①はやはり自分の現状からはどうしても理想論になってしまい、現実的に考えれば考えるほど手が届かないものだったから。そして、ぼんやりしている間に選択する時が訪れ、②③を選ぶしかもう手段が無かったからです。

ただやはりそうなると頭をよぎるのは、諦めたという感情と手を伸ばす継続した努力をしなかったモヤモヤ感。

そこでなぜか、福井で営業の仕事をしていた時のことを思い出したんですよね(^_^;)調子が悪いとき、なぜか2番手3番手の安全パイな選択をしていると、自分の普段の行動や思考も遅く、効率の悪いものになっていく感覚があり。それから「どんなパターンが一番自分にとって嬉しい展開か、そうするにはどうしたら良いか」を考えるようになってからうまくいくようになりました。それを最近ふと思い出し、自分の人生もそんな考えで舵取りしていきたいと思うようになりました。

 

なので、100%①だけで突っ走るのは危険だとしても、70~80%の自分の意識を①でいっても良いんじゃないかと思うんです。それが私にとっては成長に繋がると自信持って言える行動だなと気付いたので、(気付くのが遅いんですが(^_^;))念頭に置いた1年にしていきたいです。口だけはいくらでも言えますからね。継続した小さな努力の積み重ねが実は一番難しく、一番身になると信じているので、行き詰まった時は、自分で書いたこのブログを読み返そうと思います(笑)

 

いろいろ英語と関係ないことを延々と書いていますが、「まあ、彼も1年の節目で思いに耽ってるんだろう・・・笑」と、あたたかい目で見て頂けると幸いです(^_^;)笑

 

最後に、無理矢理感がありますが笑、最近学んだイディオムを自習兼ねていくつかと、先週行ったビーチのそばの河口に行った時に撮れた写真を載せて締めたいと思います。

What have you been up to? (このしばらくの間)どうしてた?

I give in to temptation. / I’m not disciplined.自分に甘い

In just a bit もうすぐ

See you later!

隙間時間探してみませんか?

ほとんどってどういうか分かりますか?

私これ、

よく間違えてたんです。

あれは‥去年の夏のことです‥。

ほとんどの人はお盆を家族と過ごすって言おうとしたんです。

こんな文を作りました。

Japanese people almost spend Obon with their family.

さて、どこが間違っているか分かりますか?

                       実はalmostはこういう使い方はしないんです!!

                       I’m almost 21. (もうすぐ21歳です。)

I almost fell asleep. (もう少しで寝るところでした。)

→このように

もうすぐ〇〇になるとか、ほとんど〇〇の状態、とかって意味なんですね!

さて、私が間違えた文に話を戻しましょう

正解は

Most people spend Obon Holidays with their families. (with their familyもok)

です!!

                      Most Japanese work too much. (ほとんどの日本人は働き過ぎです。)

Most cats don’t like to get wet. (ほとんどのネコは濡れるのが好きではありません。)

                      ☆この様に、一般的な「ほとんどの~」という時には、「most」を使います

almostとmost

きちんと使い分けないと、自分の言いたいことがきちんと伝わりませんよね。

せっかく英語を勉強しているのに、相手に勘違いされてしまうのは残念です(><)

構文もそうですが、単語や発音などなど勉強することってたくさんありますよね。

なかなか英語を勉強する時間が取れない!と悩んでいる人はいませんか?

ちなみに、Mirika先生は、毎日何があっても英語の勉強をかかさないそうです。

「インプットもアウトプットもどちらも大事です。インプットだけしててもアウトプットだけしてても上達度は上がりません。やはり、読む、聞く、書く、話す全部やるのがいいですねー。

私は毎日何があっても英語の勉強は休みません。これをもう高校一年から続けていますので、20年越えました。今もそうですねー。具合が悪くても疲れていても、せめて一回だけでも音読したり、読むのが辛い時は英語を聞いたり動画を見る位は必ずします。出産後の入院中ですらやってました🤣それでも、ネイティブの会話聞き取れるしスピードの会話も出来るけどそれでも「ネイティブと同じ位」の英語力はありません。そこら辺のネイティブスピーカーより英語の知識はありますけどね😁」。

こちらはMirika先生からのアドバイスです。本当にパワフルですね!

パワフルなMirika先生だからできる!とても私にはできないなあ‥。と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

みなさん、毎日お忙しいと思います。

英語の勉強だけではないですもんね。仕事だったり、家事だったり、育児だったり。

でも、ご飯の時や髪乾かしてる時に動画や単語帳見るとか、おしゃべり会に参加してみるとか。洋楽流すのもいいですね。

意外と隙間時間って探せばあると思うんです。時間がなければ、1日1分でもいいと思います。毎日英語に触れること自体が大切だと思うので^ ^

私も仕事や家事が忙しいからとても毎日はできないなあ、と思ってました。

でも、探したらありました。

私は毎朝化粧しながらMirikaさんのオンラインサロンの動画を見て勉強してます。だいたい15分くらいですね。たかが15分。でも、1ヶ月毎日したら7時間半にもなります。

そして、通勤中は好きなアニメの英語吹き替え版を聴きながら運転してます。

休みの日や平日の夜に都合がつけば英語のおしゃべり会にも参加してます!みなさんと話すのはとっても楽しいです✨

せっかく英語を勉強しているのだから、探してみませんか?隙間時間。

一緒に楽しく勉強できれば嬉しいです😆

イチ