Just around the corner

Hi, all!

English Avenue のKatsです!

 

猛暑だった今年ですが、朝晩ひんやりとするようになってきましたね。

秋の訪れも近いようです(^^♪

 

こんな時は本日紹介するフレーズを使ってみましょう♪

Autumn is just around the corner.

 

be just around the cornerという表現で

「~はもうすぐそこだ」

という意味になります。

 

直訳すると「~は(その)角のあたりだ」

になるので、

My apartment is just around the corner.

(ウチのアパートはそこまがってすぐだよ)

という風に使ってもいいのですが、

イベントや季節がもうすぐやってくる、という時に使う事が多いです。

~is coming soon とほぼ同じですね(^^♪

 

例文:

Halloween is just around the corner.

(もうすぐハロウィンだね)

I am so nervous because the high school entrance exam is just around the corner.

(高校入試までもう時間がなくて、とても不安だ)

 

 

覚えてしまえば非常に簡単につかえる表現です。

そして僕は語呂がいいのでよく使います(笑)

季節の変わり目です。積極的に使って自分のものにしちゃいましょう!

ではでは♪

 

こちらもチェック♪ ↓

English Avenueの充実レッスンはこらち!
https://englishavenue291.wordpress.com/englishavenueレッスン/

 

広告

サラッと使おう! 「No big deal!」

こんばんは!

English Avenueのマサです。

投稿の日にちが空いてしまいました(^_^;)

I’m sorry・・・

今回はKatsuさんのブログから(^_^)/

 

今回思わず目が止まったのは

「No big deal」

これです。

 

これはビギナーの僕も知ってたんですね。なぜかというと、スティーブ・ジョブズ氏がスタンフォード大学で講演をした時の音源を聞きまくってた時に、出だしでこれを言っていたから!

(アプリでたまたま見つけただけですが笑)

 

Today I want to tell you three stories from my life.

That’s it.No big deal.Just three stories.

(今日は君たちに、私の人生の話を3つしたいと思います。

たったそれだけです。どうってことはない、ただの3つの話です。)

 

~deal~

【名詞】:売買、契約、取引、政策など

【動詞】:配る、売買する

deal with →扱う

→→→これにbigが付いて

big deal :一大事、重要なこと

→→→Noが付いて

「No big deal=どうってことないよ!」

というニュアンスになるんですね。ふむふむ。

 

Katsuさんのブログには例文として、是非上司に言われたいフレーズが色々載っています!(^_^)/

(個人的な見解です笑)

部下に対してだけでなく、不安に感じている相手を励ましたり、色々なシーンで使える便利なフレーズだと感じました。皆さん是非、サラッと使える様に覚えてしまいましょう!

 

私マサはまだまだビギナーですが、English Avenueでは英語が堪能な講師の方々がブログを書いています!各々書き方も少しずつ違い、かみ砕いたとても分かりやすい内容が載っているのでとてもオススメです。

実経験に基づく勉強法やイベント情報など盛りだくさんなので、是非ご覧になって下さいね(^_^)/

それでは!

ok-2385794_640

 

 

カタカナ英語に注意!「リフォーム」≠「改装する」

Hello!

English Avenueのマサです。

台風が福井県を通過していきました・・・いやあひどい雨風でしたね。

皆さん大丈夫でしたか?

アメリカ人の友人に今回の台風の話をしたら、「たしかに恐かったけど、アメリカでは夏の時期しょっちゅうハリケーンが来るから、慣れっこだよ」と言われました(^_^;)

No kidding! 慣れたくないですね(^^;)

 

さて、今日はカタカナ英語に注意しよう!ということで日本人もよく使う、

「リフォーム」です。

日本語でリフォームというと、主に家を改装するという意味で使われています。

英語でリフォームは「reform」なのですが、ここで気をつけないといけないのが、

英語の「reform」は改装するではないんです!

 

英語では、

①(社会制度等を)改革する、改正する

We should reform the job hunting system. (就活制度を改革すべきだ)

②(人を)改心させる、更正させる

you need to reform yourself. (君は改心しなければならない。)

 

この2点なんですね。

re=「もう一度」

form=「形作る」

これをつなげて「もう一度形作る」→「改装!」となってしまったのでしょうか?

誤解したもので世に広まってしまったんですね。気をつけましょう。

 

本来の「改装する」を言いたいときは

renovate=「改装する」

renovation=「改装」を使います。

 

こちらや、reformの他の例文は参考にしたこちらからチェックしてみて下さいね♪

それではまた!

https://english-hacker.jp/907/remodeling-1241040_640

 

レッスンの様子&英語でしゃべらNight

Hello! This is Mirika!

最近ブログの更新をすっかりMasaに任せっきりになっていてすみません💦

1ヶ月位前の写真ですが、水曜日のESL/Business Englishのレッスンの様子の写真を頂いたので掲載します。

こちらのクラス、現在は19歳~40代までの、英語大好き❤️な人達、英語でキャリアアップを目指す人達が集まっています。このクラスは留学等に行く率高いです!

今月の英語でしゃべらNightは今週土曜日ですよー!

*It starts at 7:30pm this time, not at 7:00pm.

英語でしゃべらNight(Eigo-de-shabera Night) is a monthly English-speaking party for Japanese people who study English and non-Japanese people who want to have fun with the English learners.

It’s a potluck party, so please bring something to eat and drink.
But if you don’t have time to cook or go to a store to get some food, that’s OK. You can still come and have fun.

This event is open for anyone who wants to practice English or meet Japanese people and it’s appropriate for kids and young students. Please feel free to take your students or kids 🙂

Fee:
・Japanese English learners—1000yen
(plus 500yen if you don’t bring food)
・English Avenue & Hetappi Eikaiwa students—500yen
(plus 500yen if you don’t bring food)
・English teachers—FREE
・Non-Japanese English speakers—FREE
・If you take your students, you’re students will get a discount! —500yen(plus 500yen for not bringing food)

「なぜ?」「どうして?」の聞き方!why?だけじゃないんです!

Hello!

English Avenueのマサです。

今日は、why?以外の「なぜ?」「どうして?」について。

・・・初めてではないでしょうか、僕がバックナンバーを見る前に答えが分かったのは(^^;)

なぜなら、Mirika先生の授業で「これはかなりよく使うよ!」と教わり例文をいろいろ書いたからでした。(しかもまだ1ヶ月経ったか経ってないくらい。というか、それは覚えてないとダメですよね!!笑)

軽くドヤ顔でしたが、結果3つの内1つしか出てきてないという・・・。

マサさんがんばれ!

question-1038491_640

 

●why 「なぜ?/どうして?」

まずはwhyから。

Why do you study English? 「どうして英語を勉強しているの?」

よく聞かれますね-。これは英語でしゃべらナイト(月1で生徒さんやネイティブの先生が集まってワイワイおしゃべりするイベントです)でもネイティブの方に何回か聞かれました。

みんながそれぞれ意図的に英語を目的を持って学んでいるので、why?なんですね。

why?→相手が意図的にしていること、したことの理由を尋ねるとき、ということです。

 

●How? 「なぜ?/どうして?」

これは、経緯を聞いてますね。Howでなぜ?と聞くことは多いそうです。

I  broke my leg yesterday.(昨日足を骨折しちゃった。)

-Oh,no!! How?(あら、大変だ!どうしたの?/どうやって骨折しちゃったの?)

こういう時、なぜ?という質問の中には「どういう経緯で骨折するなんて事になってしまったの?」というニュアンスが入っているので、How?になるんですね。

ここでWhy?にすると、「何でそんなことしたの?」というニュアンスになってしまうので不適切。責める感じになってしまうので良くないですね。気をつけましょう。

●What for? 「なぜ?/何のために?」

これは直訳すると何のために?ですね。目的を尋ねています。

I’m thinking about getting a new car.「新しい車を買おうと思ってるんだよね」

-What for?You don’t need a new one.「何のために?新しいのなんて必要ないじゃない」

・・・よくある夫婦の会話、って感じですね。奥さん、そうです。本当おっしゃるとおり「何のために?」なんですよね。Mirika先生の例文分かりやすくて、どこか切ないです笑

 

●How come? (なぜ?/一体どうして?)

これだけが唯一出てきました笑

How did it come that~?「~はどうして起こったの?」の短縮形です。一体どうして?というニュアンスですね。

How come you are late again? 「何でまた遅刻したの?」

以前も遅刻したことがある人に対して、遅刻した理由を尋ねています。

理由だけじゃなく、少し非難めいた感じですね。

How come~?は口語表現なので、ビジネスシーンや公式のものでは使わないようにしましょうね。あくまで日常会話の中でですね。

 

参考にしたリンク先を貼っておくので、例文を見て理解を深めたい方はチェックしてみて下さいね♪

https://english-hacker.jp/889/

 

 

「ほとんど」はAlmost? Most?使い分けをマスターしよう!

Hello!

English Avenueのマサです!

台風の影響もあってか、少し暑さがやわらいでいる今日この頃ですね~。

もうすぐ夏も終わりか、と思ったら来週からはまた暑くなるそうなので、また暑さ対策しっかりやっていきましょう(^^)

 

さて、今日は「ほとんど」という言い方についてです。

・Almost

・Most

・Most of~

皆さんはこの3つの使い分け、きちんとできていますか?

私は正直、Almost とMostの違いよく分かっていませんでした(^^;) OMG!

ではさっそくみていきましょう!

 

Almostは、「もうすぐそこに到達する、完全に近い」というイメージなんですね。

 

I’m almost done.(もうすぐ終わります/完成します)

もうすぐ「be  done(終わっている)」状態になるのでこの言い方なんですね。

「何か作業をしていて、もうすぐそれが終わる」という意味です。

これはよく使いそうな言い方ですね!

 

次に、Most。

Mostのイメージは「一般的には」です。

Most Japanese work too much.(ほとんどの日本人は働き過ぎです)

不特定多数の日本人、という主語なのでMostを使うんですね。

 

では最後にMost of~。

これは「特定のグループの中の大部分」というイメージです。

「ほとんどの(私の)友人は」などと使うんですね。

Most of my friends are single.(ほとんどの(私の)友人は独身です。)

私の友人というグループの中の「ほとんど」という意味で使われているんですね。

それにしても、たまに面白い例文って出てきますよね。個人的に、「ほとんどの友人は既婚者です」じゃなくて良かったと思っちゃいました(^^;)

 

参考にしたリンク先はこちらです。例文もたくさん載っているので、是非チェックしてみてくださいね♪ ↓

https://english-hacker.jp/867/

puzzle-1261138_640

 

 

 

カジュアル表現Part2! gonnaの使い方をおさえよう!

Hello!♪

English Avenueのマサです。

 

お盆休みが近づいてきました!

帰省される方や楽しい予定を入れている方、皆さん色々かと思います。そしてお仕事も連休前でバタバタする方も多いことでしょう・・・。

そんな中相変わらずの連日の猛暑・・・。一番体調に気をつけたいタイミングですよね。くれぐれもご自愛下さい(^^)

 

さて、今日は前回の「wanna」に続きカジュアル表現Part2、「gonna」です!

・・・恥ずかしながら、私「gonna」をそもそも知りませんでした笑

 

まだまだビギナーのマサです涙 頑張ります!!

 

さて、「gonna」ですが、「be going to」の「going to」の略語なんですね。

そうだったのか・・・(小声)

I’m gonna go drinking this weekend.(今週末は飲みに行くんだ)

元々の形は→I’m going to go drinking this weekend. ですね。going toを短くしたものなので、be動詞も入るんですね。なるほど!

 

「gonna」はカジュアルな表現なので、「wanna」と同じくビジネスや履歴書、公式なブログなどでは使えません。注意しましょう(^^)

親しい友人や恋人とのやり取りで使う場合が多いようです。ただ、カジュアルというだけで失礼に当たるわけではないので、学校の先生に使うことも多いそうですよ。

 

be動詞を省いたさらに短縮方法もありますが、これはネイティブでも人による様なので、気をつけて使うようにしたいですね!

↓詳細は参考にしたこちらをご覧下さい(^^)↓

https://english-hacker.jp/863/

使いどころを正しく押さえて、かしこまった表現だけでなく、カジュアルなトークも出来るようになりましょう!ではまた♪

restaurant-1807617_640