外国語が「ペラペラ」って、そもそもどれ位からか

なんと!
今日の20時からのレッスンは、生徒さん6名全員がお休みしたため、レッスンがなくなりました。
ってな訳で、先週先々週と、多忙だったり、インターネットトラブルがあったりで入稿出来ていなかった記事を入稿し、今ブログを書いています♪
「英語がペラペラ」の基準って、分かんないなーってよく思います。

私の英語力は、正直まだまだですが、私より長く英語圏にいた人にも英語を教えているし、英語で仕事出来るし、英語で交渉できるし、翻訳も出来るし、通訳も出来るし、ライターとして英語で執筆する事もあるし、英語で映画とかニュースとか字幕なしで見れるし、英語でニュースが読めるし、英語で本が読めるし、ネイティブスピーカーの人達が盛り上がって早口になってもちゃんとついていけます。

なので、世間から見たら、「英語がペラペラ」と言えるのは、ほぼ間違いないと、自分では思っています。

一日の半分を英語で過ごしていて、時には一日中英語って事もあるので、たまに日本語忘れます。

日本語が英語っぽくなる事も多々あります。
喋る時にほぼ必ず主語が入るところとか。

でも、日本語より英語の方が得意な訳ではないです。
だって日本人だもん。やっぱり日本語の方が得意だよね。

英語でまだ分からない事も沢山沢山沢山あります。
だから、時間は短いですが、毎日勉強しています。

それでも、やっぱり、完璧な英語とは、まだまだ程遠いのです。
早口のラップはよく聴かないと何言ってるか分からないし、知らない単語もまだまだいっぱいあります。

さて、どこから「英語がペラペラ」か。

「英語がペラペラ」って事は、「初級」「中級」「上級」と分けた場合、当然「上級」を指しますよね。

私の中では、まず、ニュースやドラマや映画を字幕なしでほぼ理解でき、英語で本やニュースがある程度読め(分からない単語があっても調べれば分かる、というレベル)、英語でプレゼンやビジネスで交渉なども出来るレベルが、「上級」だと思っています。TOEICだと最低が800点位かしら?英検だと最低が準一級位かな。

「友達と問題なく英語で話せる」というレベルでは、ペラペラではないと思っていません。それは中級レベル位ですね。
でも、友達と話すだけであれば、中級レベルがあれば、それなりにスムーズに出来るし、英語圏で暮らしてもほとん不自由しないし、日常会話は成り立ちますので、英語で食べていきたいと思っている人以外は、中級位まで頑張ればいいと思いますよ!
英語で食べていきたいと思っている人は、上級者目指して、頑張って欲しいです。
近日中に、上級者への近道を、ブログで紹介したいと思います。
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中